ヒンクリーポイントC原発にタービンホールクレーンガーダー運搬

ヒンクリーポイントC原発にタービンホールクレーンガーダー運搬 原子力発電
スポンサーリンク

ヒンクリーポイントC原発にタービンホールクレーンガーダー運搬

イギリス、サマセットのブリッジウォーターにあるヒンクリー・ポイント原子力発電所(Hinkley Point nuclear power station)で建設中のヒンクリー・ポイントCに300トン吊りタービンホールクレーンのガーダーを運搬。

エイボンマスでは2基の門型クレーンの桁にあたるガーダーが組み立てられており、9月初旬に1基目の運搬がおこなわれました。ガーダーは、SPMT(Self-Propelled Modular Transporter)で運搬台船に積まれて約63kmを海上運搬。そして、ヒンクリー・ポイントCから約8.5km離れたコンブウィッチに到着後、SPMTを使用して陸路でヒンクリー・ポイントCへ運び込まれた。

運搬をおこなったのは、イギリスのブリストルに本社を置くOsprey。重量物の運搬・揚重などを主におこなっており、陸上の大型クレーンやSPMTをはじめ海上運搬用のバージを多数保有している。

「ヒンクリー・ポイントC」の概要
  • 原子炉形式 ——- 欧州加圧水型炉(EPR、European Pressure Reactor)
  • 定格電気出力 —– 3,260MW(1,630MW×2基)
  • 運転開始予定日 — 2027年6月 → 2028年9月
  • 建設コスト ——- 250億~260億ポンド → 327億ポンド(約5兆9,000億円)

※運転開始予定及び建設コストは2023年2月時点の情報

スポンサーリンク

【動画】タービンホールクレーンガーダー運搬

スポンサーリンク

「ヒンクリー・ポイントC」5,000トンの取水口・放水口設置

「Gulliver」と「RAMBIZ」による取水口設置作業
出典:Scaldis Salvage & Marine Contractors NV

「ヒンクリー・ポイントC」では2022年に、4,000トン吊りのクレーン船「Gulliver」と3,300トン吊りのクレーン船「RAMBIZ」という大型クレーン船2隻で相吊りによる取水口4基、放水口2基の設置作業がおこなわれています。重量は最大で5,000トン。クレーン船が対面した状態での相吊りというのは少し珍しいかも。

「Gulliver」と「RAMBIZ」による設置作業の記事

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました