中国で常泰長江大橋の主塔建設に世界最大のタワークレーンを使用

中国で常泰長江大橋の主塔建設に世界最大のタワークレーンを使用 橋梁

 中国で建設中されている江蘇省の常州市と泰州市を結び、長江に架かる常泰長江大橋の主塔建設に世界最大のタワークレーンを使用。現状、タワークレーンの高さは250mですが最終的には352mの主塔を建設するために379mまで上昇するそうです。

スポンサーリンク

中国で常泰長江大橋の主塔建設に世界最大のタワークレーンを使用

高さ250mの状態で荷重試験を行うタワークレーン「XGT15000-600S」

 2019年1月に建設が開始された常泰長江大橋は、江蘇省の常州市と泰州市を結び、長江に架かる全長10.03kmの橋。一般道路、高速道路、都市間鉄道が一体化した橋で、主橋部分には中央径間長1,176mの斜張橋を採用し、完成すると世界最長の中央径間をもつ斜張橋になる。

 世界最大のタワークレーン「XGT15000-600S」は、斜張橋の主塔建設に使用されており、👆上の画像の状態で高さは250m。建設中なので、主塔はまだまだ高くなる。最終的な主塔設計高さは352m、その主塔を建設するためタワークレーンは379mまで上昇する予定。今の高さから100m以上も高くなるなんて考えるだけでも冷汗がでます。

重量660トンのテストウェイト

 画像で吊り上げているのは、荷重試験用のテストウェイト。最大吊り上げ重量600トンに対して1割増しに当たる660トンのテストウェイトを吊り上げています。

 積み方が気になりますが、中国らしい感じではある。

スポンサーリンク

世界最大のタワークレーン「XGT15000-600S」

2022年6月に完成した世界最大のタワークレーン「XGT15000-600S」
出典:XCMG Group

The world’s largest tower crane XCMG’s XGT15000-600S was successfully rolled off the production line

(世界最大のタワークレーンXCMGのXGT15000-600Sが生産ラインからロールオフに成功)

http://en.xcmg.com/en-ap/news/news-detail-640650.htm

 中国の大手建設機械メーカー、XCMGのタワークレーン「XGT15000-600S」は、2022年6月にロールオフしています。

 最大吊り上げ重量は600トン、最大揚程は400m。型番の15000は定格モーメントのことで15,000t・m。なので、15,000t・m ÷ 600t = 25m。600トン吊り上げられる最大作業半径は25m。

スポンサーリンク

常泰長江大橋の建設動画

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました