女川町の出島架橋、大型起重機船による架設作業LIVE配信予定発表

女川町の出島架橋、大型起重機船による架設作業LIVE配信予定発表 国内ニュース
スポンサーリンク

大型起重機船による架設作業、YouTubeのLIVE配信予定発表

2023年10月3日、宮城県 女川町で予定されている「出島架橋」の大型起重機船による架設作業で、10月19日に予定されている中央径間架設に合わせて実施されるライブ配信情報が公表されました。

YouTubeでLIVE配信される予定となっており、配信予定日時は10月19日(木)午前8時~午後1時。合わせて女川町内にパブリックビューイング会場が設けられるようです。ただし、女川町のホームページにも気象状況や海象状況により左右されるため、日程が変更となる場合がある事が強調して表記されている通り、予定はあくまでも予定。日程が確定するのは作業前日とのこと。

LIVE配信されるのは、本土と出島がつながる中央径間の架設作業だけの予定ですが、日程が変更になった場合でも実施されるという。

LIVE配信予定の女川町公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-lh7lt2dg2j

大型起重機船「海翔」による架設作業予定日
  1. 10月11日(水曜日)本土側側径間の架設
  2. 10月13日(金曜日)出島側側径間の架設
  3. 10月19日(木曜日)中央径間の架設(ライブ配信・パブリックビューイング実施予定)

リンク先 女川町 | 出島架橋事業

スポンサーリンク

起重機船「海翔」の動向

東京湾に停泊している起重機船「海翔」のAIS情報(2023年10月3日21時)

9月27日に兵庫県の基地港を出港した起重機船「海翔」船団ですが、9月29日に館山沖で停泊後、翌日の30日には東京湾の横須賀沖へ移動し、現在も停泊したままとなっています。

東京湾から女川町までの曳航距離は約550km(約300海里)。なので、曳航再開してから女川町へ到着するまでに丸2日間程度かかる見込み。最初に施工する本土側の側径間架設予定が10月11日の予定なので、今週中に曳航再開できないと予定通りのスケジュールは厳しくなりそう。

予定通りに行かない事は、天候に左右される作業なので仕方ないことかもしれません。とは言え、「海翔」が作業するのは、ほんの数日間。これまで着工から5年以上にわたり架設に向けた作業をおこなってきた多くの関係者や地元住民の長年にわたる想いが込められた橋であることを想像すると、架設作業が上手くいって欲しいという気持ちが強くなります。

「出島架橋」に関する記事

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む