☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

イタリアの防波堤で全長340mのコンテナ船が座礁

イタリアの防波堤で全長340mのコンテナ船が座礁 事件・事故

 イタリア南部のジョイア・タウロ港の入り口にある防波堤にコンテナ船「MSC Elaine」が座礁する事故が発生。座礁から約23時間後には離礁したようですが、港の入り口で事故が起きたこともあり、入出港を行う他船に影響が出たようです。

スポンサーリンク

イタリアの防波堤で全長340mのコンテナ船が座礁

 2023年1月9日8時10分(UTC)、イタリア南部のジョイア・タウロ港の入り口にある南側の防波堤先端にコンテナ船「MSC Elaine」が座礁する事故が起きた。座礁後、潜水士による船体の損傷確認が行われましたが、大きな損傷は見られなかった。タグボート5隻を使用し、徹夜で離礁作業が行われ、AIS情報によると、1月10日7時頃(UTC)、座礁から約23時間後に離礁したことが確認された。

 座礁事故が起きたジョイア・タウロ港は、イタリア最大のコンテナハブ港の1つで、港の入り口にある防波堤に座礁したコンテナ船「MSC Elaine」の影響で他船の入出港に影響が出たそうです。

コンテナ船「MSC Elaine」が座礁したジョイア・タウロ港
ジョイア・タウロ港の入り口は約300m

 Googleマップでジョイア・タウロ港を確認してみると荷役を行う岸壁は入り口から入って90度曲がった先にあるという位置。港入り口の間口は、約300m。

 座礁したコンテナ船「MSC Elaine」は出港して次の港へ向かうところだったようですが、何が原因だったのでしょうか。事故当日の海は穏やかだったそうです。

コンテナ船「MSC Elaine」
出典:FleetMon | ManuelHdezLaf
船名MSC Elaine
総トン数94,511トン
コンテナ積載能力8,566TEU
長さ340m
46m
建造年2009年
「MSC Elaine」の概要
スポンサーリンク

座礁した「MSC Elaine」の動画

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました