☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フィリピンで貨物船が荒天により傾き沈没、乗組員13人全員救助

フィリピンで貨物船が荒天により傾き沈没、乗組員13人全員救助 事件・事故
スポンサーリンク

フィリピンで貨物船が荒天により傾き沈没、乗組員13人全員救助

2024年1月15日、フィリピンのミンダナオ島西部のスールー海にあるバヤンガン島西側で荒天により傾いた貨物船「STAR SABANG」が沈没する事故が発生。

フィリピン沿岸警備隊の発表によると、貨物船はセブからサンボアンガへ向けて170トンのセメントを運んでいたという。積荷が風袋や大型土嚢などに入った粉体のセメントなのか、コンクリート2次製品なのかは不明ですが、荒天による波浪を受けて船内の積荷が移動したことで船体傾斜につながったとみられている。

事故当時、貨物船には13人の乗組員が乗船していましたがフィリピン沿岸警備隊によって救助され、全員無事。

スポンサーリンク

貨物船の沈没位置

貨物船が沈没したと思われる位置
出典:Philippine Coast Guard
貨物船が沈没したと思われる位置

フィリピン沿岸警備隊発表している画像の中に、貨物船「STAR SABANG」が沈没したと思われる位置で撮影されたGARMINの音探画面があり、右下に表示されている緯度経度をGoogleマップにプロットするとバヤンガン島の約1km西側という位置でした。水深は173.7フィートという表示なので、およそ53m。

スポンサーリンク

貨物船「STAR SABANG」の概要

船名STAR SABANG
総トン数496トン
載貨重量トン517トン
長さ52m
8m
船籍フィリピン
建造年1987年
貨物船「STAR SABANG」
出典:Philippine Coast Guard
スポンサーリンク

【動画】大きく傾斜して沈んでいく貨物船

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました