☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フェリー「クイーンコーラルクロス」沖永良部島への入港時に岸壁衝突

フェリー「クイーンコーラルクロス」沖永良部島への入港時に岸壁衝突 事件・事故
スポンサーリンク

フェリー「クイーンコーラルクロス」沖永良部島への入港時に岸壁衝突

2024年1月8日午後2時すぎ、マリックスラインが運航する全長145mのフェリー「クイーンコーラルクロス」(QUEEN CORAL CROSS)が沖永良部島にある和泊港への入港時に岸壁へ衝突する事故が発生。船には乗客乗員288人が乗っていましたが、けが人はなく、油の流出もないという。

フェリー「クイーンコーラルクロス」のAIS情報によると、1月8日午前7時に那覇港を出港し、本部港、世論港を経由したあと、午後2時過ぎに沖永良部島の和泊港へ入港。報道されている情報では、エンジントラブルで速力を落とすことが出来ず、消波ブロックに衝突したという。

スポンサーリンク

エンジントラブル復旧および運航再開は未定

フェリーを運航するマリックスラインのウェブサイトでは、「クイーンコーラルクロス」の船舶動静としてエンジントラブルのため沖永良部島 和泊港に接岸しており、エンジントラブルが解消し次第、徳之島、奄美大島へ向けて運航予定だが運航再開の見通しは未定という掲載情報を第一報として掲載。しかし、そのあとにエンジントラブル復旧の目処がたたないため、沖永良部島 和泊港で停泊することになったことが掲載されており、現時点で復旧・運航再開は未定となっています。

フェリー「クイーンコーラルクロス」は広島県尾道市の内海造船で建造され、2021年11月に就航。比較的、新しいフェリーですが、どのような原因でエンジントラブルに至ったのでしょうか。

今回は、消波ブロックへの衝突という自損事故で、けが人もなく済みましたが他船や港内設備への衝突、さらには船体破損による沈没などエンジントラブルによって船体を制御できない状態になれば重大災害につながる可能性は十分にある。

船名クイーンコーラルクロス
総トン数8,000トン
長さ145m
24m
旅客定員653人
コンテナ
積載容量
10フィート:約246基
20フィート:約8基 
車両積載乗用車:約44台
トラック:約30台 
速力21ノット
建造年2021年11月
フェリー「クイーンコーラルクロス」沖永良部島への入港時に岸壁衝突
フェリー「クイーンコーラルクロス」
出典:MARIXLINE

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました