☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

2023年を振り返る 注目度の高かったニュース記事

2023年を振り返る 注目度の高かったニュース記事 国内ニュース

2023年も過ぎてしまえばあっという間に感じますが、様々な出来事がありました。2023年に投稿した記事の中からPV数トップ20を紹介。

スポンサーリンク

#20 投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表

総トン数19,000トン
長さ150m
28m
深さ12m
喫水7m(最大)
ケーブル容量9,000トン
甲板面積2,500m2
宿泊設備90人
DPSClass 2
クレーン250トン、150トン
(動揺低減機能付き)
その他の設備ヘリデッキ
4点係留装置
2×ROV システム
バッテリー蓄電
ケーブル敷設船の仕様
投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表
自航式ケーブル敷設船の完成イメージ
出典:TOYO CONSTRUCTION

2023年12月8日、東洋建設は自航式ケーブル敷設船の建造について、開催された取締役会において決議したことを発表、完成・引き渡し時期は2026年上期の予定。

3日後の12月11日にはイタリアの造船会社フィンカンティエリ傘下のVARDが東洋建設との造船契約締結を発表し、船体建造をルーマニアのVard Tulcea shipyardでおこない、その後ノルウェーにあるVARDの造船所へ移されて最終艤装と引き渡しがおこなわれる予定を明らかにしました。

関連記事
スポンサーリンク

#19 どこかで一度は見たことがある珍しい船がスクラップに

どこかで一度は見たことがある珍しい船がスクラップに
外洋調査プラットフォーム「R/P FLIP」
出典:FLIP by Scripps Institution of Oceanography, on Flickr

ネット画像などで多くの人が一度は見たことがあるのではないでしょうか。

特異な船体構造により、洋上で垂直に起き上がることが出来る外洋調査プラットフォーム「R/P FLIP」。しかしながら建造から61年が経過しており、2023年8月3日にサンディエゴから解体・リサイクル施設へ向けて曳航が開始されたそうです。

廃船になる「R/P FLIP」の一部は処理施設に向けて出港する前に取り外され、今後は既設の桟橋で使用されるという。使用されるのは調査時に機器を吊り下げていたクレーンのブームのような形状のもの1本。これまでおよそ60年に渡って活躍した外洋調査プラットフォームに対する敬意を表して、普段利用する桟橋に設置。

船名R/P FLIP
長さ108m
7.93m
喫水水平時:3.83m
垂直時:91.4m
推進装置無し
建造年1962年
外洋調査プラットフォーム「R/P FLIP」
出典:FLIP “flipping” by Scripps Institution of Oceanography, on Flickr
ユニークな船内設備
出典:Inside FLIP by Scripps Institution of Oceanography, on Flickr
関連記事
スポンサーリンク

#18 石垣島沖に座礁したままの貨物船 積荷流出で国内最大サンゴ礁が被害

石垣沖の座礁船撤去が台風の影響で期間延長、来年5月に完了見込み

2023年1月24日、石垣島に向かっていたパナマ船籍の貨物船「XIN HAI ZHOU 2」が強風により流されて沖縄県の竹富島沖で座礁する事故が発生。救助要請を受けた海上保安本部がヘリコプターで現場に駆けつけ、座礁から約3時間半後に中国人の乗組員19人全員を救助。けが人はいなかった。

船体は日本最大のサンゴ礁海域である「石西礁湖せきせいしょうこ」に座礁し、破損した船体からは積荷のヤシガラ流出が確認され、サンゴ礁や周辺海域への環境被害が懸念される事態に。

座礁船の撤去作業は2023年7月中旬に開始され、当初工程では2024年2月に撤去完了予定でしたが、台風6号の影響で船体分断されていることが8月4日に確認されました。そして、8月15日に開催された座礁船撤去作業に関する説明会で撤去期間が3ヵ月延長され、2024年5月までかかることが明らかにされています。

関連記事
スポンサーリンク

#17 ドイツでライン川の閘門に内陸貨物船が衝突

ドイツでライン川の閘門に内陸貨物船が衝突

2023年11月11日午後2時頃(現地時間)、全長110mの内陸貨物船「LA PRIMAVERA」がドイツのライン川にある閘門に衝突する事故が発生。幸いなことに人的被害は出なかったものの、2つある閘室のうち1つが使用できない状態に。

事故後の11月13日に発表された情報では、損傷した重量74トンのゲートを撤去し、新たなゲートを製造・設置する必要があり、計画・製造・設置という一連の作業にはおよそ1年間かかるとみられているそうです。

関連記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました