☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

長さ150mのリーダーを搭載した杭打ち船、建造開始

長さ150mのリーダーを搭載した杭打ち船、建造開始 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

長さ150mのリーダーを搭載した杭打ち船、建造開始

2024年1月18日、上海振華重工(ZPMC)で中交第二航務工程局有限公司向けとなる長さ150mのリーダーを搭載した杭打ち船の起工式としてFirst steel cutting(鉄鋼切断式)がおこなわれ建造が開始されました。

杭打ち船は長さ130.5m、幅40.8m、深さ8.4m。特徴的なリーダーは長さ150mで最大重量700トン、直径7mの杭を打設することが出来る。完成後は、大規模な橋梁基礎や洋上風力発電プロジェクトでの施工が計画されているという。完成・引き渡し時期は不明。

船名未定
長さ130.5m
40.8m
深さ8.4m
リーダー長さ150m
長さ150mのリーダーを搭載した杭打ち船、建造開始
リーダー長さ150mの杭打ち船(完成イメージ)
出典:龙de船人
スポンサーリンク

リーダー式の杭打ち船としては世界最大?

中国で報道されている情報によると、長さ150mのリーダーを搭載した杭打ち船は世界最大だという。

リーダー仕様の杭打ち船自体を中国や日本以外でほとんど見かけない。日本国内の杭打ち船でもここまで長いリーダーを搭載した船はいないし、旋回できない固定式の杭打ち船は日本にも現役の船ではいないのではないでしょうか。

中国では2022年1月に今回建造を開始した杭打ち船と同じような仕様の杭打ち船「一航津桩」を建造しています。この杭打ち船のリーダー長さは142m。長さ150mのリーダーが世界最大というのは間違っていないのかもしれない。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました