☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ベトナムで機関室浸水のトラブルに見舞われた貨物船、沈没回避で座礁

ベトナムで機関室浸水のトラブルに見舞われた貨物船、沈没回避で座礁 事件・事故
スポンサーリンク

ベトナムで機関室浸水のトラブルに見舞われた貨物船、沈没回避で座礁

2023年11月28日、ベトナムのクアンナム省タンビン県で貨物船「NAM PHAT 01」が座礁する事故が発生。貨物船は1,500トンの鋼鉄を積んでブンタウからギソンへ向かっている途中、機関室への浸水というトラブルが起きたため沈没を回避する目的でクアンナム省タンビン県の水深が浅い海域に移動し、船体を座礁させたという。

報道されている情報によると、ベトナムの海上保安機関である海難救助調整センター(MRCC)はトラブルが起きている貨物船「NAM PHAT 01」の付近を航行する船舶へ救助支援を要請。近くを航行していた「Viet A 01」が要請を受けて現場へ駆け付け、浅瀬までの移動支援と座礁後に乗組員を最寄りのキハ港へ輸送したという。

貨物船「NAM PHAT 01」には、11人の乗組員が乗船していましたが全員無事でした。

船名NAM PHAT 01
総トン数1,925トン
長さ68m
10m
船籍ベトナム
建造年2010年
貨物船「NAM PHAT 01」
出典:NAM PHAT SHIP
スポンサーリンク

YouTube動画

機関室への浸水が発生した後と思われる映像には、傾いた船体の貨物船「NAM PHAT 01」と周囲の海域が荒れている様子が映っています。自らの危険をかえりみず救援に向かった「Viet A 01」が港に帰港して綱を取っている場面では、特に何か言葉を発しているわけではありませんが、全員が”安堵”している雰囲気が漂っていました。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました