☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Moray West」向け初回TPがスコットランド到着

「Moray West」向け初回TPがスコットランド到着 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Moray West」向けトランジションピースがスコットランド到着

Ocean Windsの掲載記事【2023年11月28日掲載】

Moray West Transition Pieces Arrive at Port of Nigg

(Moray Westのトランジションピースがナイッグ港に到着)

https://www.oceanwinds.com/news/uncategorized/moray-west-transition-pieces-arrive-at-port-of-nigg/

2023年11月28日、スコットランド沖で「Moray West offshore wind farm」の建設を進めているOcean Windsは、初回納入分のトランジションピースがナイッグ港へ到着したことを発表しました。

到着した半潜水式重量物運搬船「SUN RISE」の積荷を見ても分かりますが、初回分として到着したトランジションピースは風力タービン設置用と洋上変電所用の2種類。運搬船のブリッジ側に積まれた2基が洋上変電所用のトランジションピースとなり、他のものと比べても形状が大きくなっています。

スポンサーリンク

天候により到着予定は約3週間遅れ

半潜水式重量物運搬船「SUN RISE」のAIS情報(2023年10月26日時点)

半潜水式重量物運搬船「SUN RISE」が6基のトランジションピースを積んでUAEを出発したのは10月1日。10月26日の時点では順調に航行しており、紅海と地中海を通過。しかし、それ以降は荒天による影響からジブラルタル海峡を抜けたカディス湾とビスケー湾で足止めをくらい、出発時の到着予定11月1日から遅れること約3週間、11月20日にナイッグ港へ到着。

トランジションピースの運搬なので工程的にクリティカルではないと思われますが、普通に考えると到着が3週間遅れると少しビビりますね。その辺は、自然相手の海運というものを熟知した方が工程を組んで工事されていると思いますが・・。

スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」の概要

「Moray West offshore wind farm」は、EDP Renewables と Engie の合弁会社 Ocean Winds および Ignitis Group によって開発されており、Siemens Gamesa「SG 14-222 DD」60基、洋上変電所2基の設置を計画している。変電所2基を含むすべての基礎は、モノパイルを採用。総発電容量は882MW、風力タービンの単機出力はパワーブーストにより14.7MWへ引き上げられる予定。

「Moray West offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:スコットランド沖合の北海、水深22m~57m
  • 発電容量:882MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 14-222 DD(パワーブーストにより14.7MW)、60基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年初頭

「Moray West offshore wind farm」に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。