オランダのTetrahedronが洋上風力用クレーンの建設を発表

オランダのTetrahedronが洋上風力用クレーンの建設を発表起重機船、クレーン船

 Tetrahedronは、Jack-Up Barge BV、TNO、Shell、GEで構成されるコンソーシアムと共に洋上風力建設用の揚程に特化したクレーンのプロトタイプ(試作機)建設を発表。

 2020年10月にTetrahedron craneの設計発表された時も感じましたが、見た目が頼りない気が。普通にブームの取り付け位置を高くする方が構造的にも単純で同じ効果を得られると思うんですけど、どうでしょう。

 プロトタイプは2024年にオランダで完成する予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tetrahedron crane

出典:Tetrahedron B.V.

 開発コンセプトは、 ”既存SEP起重機船のアップグレード” 。それも、吊り上げ高さ、揚程に特化したもの。

Tetrahedronの掲載情報

Cost efficient Offshore Wind Turbine Lifting

Tetrahedron, simply lifting high

 Tetrahedronの掲載情報によると、5MWの洋上風車建設用に建設されたSEP起重機船にTetrahedron craneを設置することで揚程が50mアップして8~15MWの洋上風車建設が可能になるという。

オランダ政府からの助成金

 Tetrahedron B.V.のLinkedInに掲載されているプレスリリースによると、Tetrahedron、Jack-Up Barge BV、TNO、Shell、GEで構成されるコンソーシアムはオランダ政府からの助成金を得ているようです。

プロトタイプの建設

出典:Tetrahedron B.V.

 プロトタイプは2024年にオランダで完成する予定。

 プレスリリースに掲載されていた画像のクレーンを見るとSEP起重機船でジャッキアップした状態で185mの揚程がある。寸法を確認すると、クレーンが設置してあるポストの上端からクレーン頂部までが130mありました。

 プレスリリースにも、”高さ130メートルのプロトタイプクレーンを建造する”という記載があるのでこのスケールのプロトタイプを建設するものと思われる。

プロトタイプの検証

 プロトタイプ完成後は、クレーンの動作や各種テストが行われるようです。

The prototype will be built to measure key aspects of the Tetrahedron crane’s structural behaviour, verify the design and test its resilience against hot-topic phenoma such as crane-deflection and a sudden loss of load.

上記引用の翻訳

プロトタイプは、Tetrahedronクレーンの構造挙動の重要な側面を測定し、設計を検証し、クレーンのたわみや突然の負荷損失などのホットトピック現象に対する回復力をテストするために構築されます。

”突然の負荷損失”というのは、フック脱落事故を想定したものでしょうか。”ホットトピック現象”=”話題の現象”という言い方が、何とも言えません。

SEP起重機船「JB 115」

 画像に登場しているSEP起重機船は、「JB 115」。コンソーシアムの構成企業でもある、Jack Up Barge BVが所有する300トン吊りのSEP起重機船。

 Jack Up Barge BVのウェブサイトには、「JB 115」にTetrahedronクレーンを搭載している合成画像があったので、プロトタイプは「JB 115」に搭載する予定だと思われる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
起重機船、クレーン船新技術・工法
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました