☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

2,200トン吊りSEP船「博强3060」完成・引き渡し

2,200トン吊りSEP船「博强3060」完成・引き渡し 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

2,200トン吊りSEP船「博强3060」完成・引き渡し

2023年12月24日、中国のCIMC Rafflesで建造していた2,200トン吊りSEP起重機船「博强3060」(BO QIANG 3060)が完成し引き渡しがおこなわれました。

SEP起重機船「博强3060」は全長133m、幅53m、深さ11m。レグ長さは現況120mで136mまで延長可能となっており最大作業水深は70m。メインクレーンはHuisman製のLEC(Leg Encircling Crane)を搭載し、最大吊り上げ能力は2,200トン。風力タービン資材を積み込むことが出来る甲板スペースは4,800m2の広さがあり、12MWの風力タービン4基分または16MWの風力タービン3基分を自船甲板に積んで運搬可能。自航式で最大速力は8.4ノット。

完成したSEP起重機船「博强3060」の画像を見るとメインクレーンは高い台座の上に設置されており、かなり大きな揚程であることは間違いないと思いますが、具体的な数値は不明。

船名博强3060
クレーン能力2,200トン
長さ133m
53m
深さ11m
レグ長さ120m
(最大136m)
最大作業水深70m
甲板スペース4,800m2
DPSDP2
速力8.4ノット
2,200トン吊りSEP船「博强3060」完成・引き渡し
2,200トン吊りSEP起重機船「博强3060」
出典:龙de船人
スポンサーリンク

メインクレーン設置は3,600トン吊り起重機船「德浮3600」

メインクレーンの設置作業は以前の記事でも紹介していますが、China Yantai Salvageの3,600トン吊り起重機船「德浮3600」(DE FU 3600)でおこなわれました。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました