SALが新造船4隻の800tクレーンをLiebherrに発注

SALが新造船4隻の800tクレーンをLiebherrに発注起重機船、クレーン船

 SAL Heavy Liftは2022年9月に中国の造船所と建造契約を行った「Orca Class」と呼ばれる4隻の新造船に各2基の800トン吊りクレーンを搭載するため、8基の800トン吊りクレーンをLiebherrに発注したことを発表。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Orca Class」新造船4隻に LS 800 E を搭載

Liebherrの800トン吊り電動クレーンLS 800 E
出典:LIEBHERR

 SAL Heavy Liftは新造船の「Orca Class」4隻に搭載する8基の800トン吊りクレーンをLiebherrに発注。

風車部材の運搬に使用

 完成予定は、4隻のうち2隻が2024年半ば。さらに2隻が2025年上半期に完成予定。最初に完成する2隻は、風車タービンメーカーのSiemens Gamesa Renewable Energyと長期的な専属契約を行っており、完成後は風車部材の運搬を中心に行う予定。日本の秋田で設置が完了した風車部材もSALが所有するクレーン付き重量物運搬船によって日本に運ばれてきました。

デンマークから秋田港に運搬された風車部材
出典:Akita Offshore Wind Corporation

新造船は中国で建造中

 2022年9月7日、SAL Heavy Liftは「Orca Class」と呼ばれる4隻の新造船建造契約を中国のWuhu Shipyard(蕪湖造船廠有限公司)と締結したことを発表。造船所があるのは、中国の長江をかなり上流にのぼった、安徽省(あんきしょう)蕪湖市(ぶこし)。

「Orca Class」のスペック

「ORCA CLASS」
出典:SAL Heavy Lift

 「Orca Class」の船体寸法は、長さ149.9m、幅27.2m、深さ16.7m、載貨重量トン数14,600トン。コンパクトな船体寸法にもかかわらず、クラス最大となる107m × 18.5m × 13.3mという箱形の単一船倉を備えている。ハッチカバーの耐力は10t/m2

タンデムリフトで最大吊り上げ能力は 1,600トン

 1隻にLiebherrの800トン吊りクレーンLS 800 E を2基搭載。タンデムリフトにより最大1,600トンの吊り上げ能力。クレーンの台座は11mありますが、クレーンを含む水面上の高さ、エアドラフトは約38mに抑えられている。これによって橋の下や架空制限がある航路でも有利。

デュアルフューエルエンジン搭載

 デュアルフューエルエンジン搭載で、メタノールを代替燃料として使用可能。カーボンニュートラルな輸送ソリューションを提供できるそうです。Van Oordが建造中のSEP起重機船「Boreas」やGustoMSCが発表した次世代大型クレーン船シリーズENSISもメタノール燃料に対応していたので、今後増えてくるんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
起重機船、クレーン船
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました