清水建設とHeerema社が洋上風力建設で協力協定を締結

起重機船-日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

洋上風力建設分野での協力体制に関する覚書を締結

清水建設が建造中の自航式SEP起重機船
(2022年後半完成予定)

掲載記事

Shimizu Corporation and Heerema Enter Offshore Wind Partnership

清水商事とヒーレマが洋上風力パートナーシップに参入 -エネルギー (energyfacts.eu)

清水建設がオランダのHeerema社とのアライアンス協定を締結。
世界のTOP企業が身近に来るような頼もしい感覚ですが、日本の洋上風車事業が食い散らかされそうで不安な気持ちもありますね。

清水建設は前にも違う企業とパートナーシップを締結してたような気が。

2021年6月30日付のニュースリリースでノルウェーのFred.Olsen Ocean社と同様のアライアンス協定を締結しています。
内容はSEP船の運行訓練や洋上風車据え付け工事の技術支援。
Heerema社は風車基礎工事を主に担当。住み分けはされているようです。

そもそもHeerema社はSEP起重機船を保有していませんから。
Fred.Olsen社はSEP起重機船を3隻保有しています。

Fred.Olsen社が所有するSEP起重機船

船名Bold TernBrave TernBLUE TERN
建造年2013年2012年2012年
吊上げ能力800t800t1,200t
長さ131.73m131.73m151.0m
39.0m39.0m50.0m
深さ9.0m9.0m9.75m
レグ長さ92.4m92.4m106.0m
Fred.Olsen社が所有するSEP起重機船

Bold Ternは搭載クレーンを800tから1,600tへアップグレードしているようです。
2022年春に完成予定。

アライアンスとは?

複数の企業が共同で事業を行うこと。
アライアンスは「資本関係をともなうアライアンス」と「資本関係のともなわないアライアンス」に分類することができる。

日本企業と外国企業との協力関係

日本企業と外国企業の協力関係を調べてみました。

清水建設

  • 2021.06.30 ノルウェーのFred.Olsen Ocean Ltd.と、洋上風力建設分野での協力体制の構築に関する覚書を締結
  • 2021.09.01 オランダのHeerema Marine Contractorsと、洋上風力建設分野での協力体制の構築に関する覚書を締結

五洋建設

  • 2020.03.24 ベルギーのDEME Offshoreと、日本における洋上風力建設分野における協働に関する覚書を締結
  • 2021.04.14 ベルギーのDEME Offshoreと、日本の洋上風力建設分野における協働を目的とした合弁会社設立に合意

日本郵船

  • 2020.01.16 オランダのVan Oord Offshore Wind BV社と、洋上風力発電設備の設置作業に使用する自航式SEP船の共同保有および運航についての覚書を締結
  • 2020.11.16 オランダのFugro Singapore Marine Pte Ltdと、洋上風力発電設備の海底地盤調査に使用する自航式CPT調査船の共同運航、及びCPT調査サービスの国内展開について覚書を締結
  • 2021.01.26 応用地質株式会社およびオランダのFugro社と、国内洋上風力発電設備向け海底地盤調査サービスの協業について覚書を締結
  • 2021.05.06 スウェーデンのNorthern Offshore Services AS社と、洋上風力発電向け作業員輸送船に関する裸傭船契約を締結

日本国内のSEP起重機船建造予定

日本国内のSEP起重機船建造予定。

大林組・東亜建設工業は大丈夫なのか?
公表されてる情報だけ見ると行き当たりばったり感があるような。

う~ん。
外国企業との協力関係は見えてこないですね。
2020年10月完成の延期発表が2020年9月ですから何とも言えませんが。
独自に実証実験を行っているようなので、自信があるのではないでしょうか。

知らんけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました