☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

スエズ運河で衝突事故により沈没したタグボートの引き揚げに成功

スエズ運河で衝突事故により沈没したタグボートの引き揚げに成功 事件・事故
スポンサーリンク

スエズ運河で衝突事故により沈没したタグボートの引き揚げに成功

2023年8月9日、スエズ運河庁(Suez Canal Authority)は衝突事故によりスエズ運河で沈没したタグボート「FAHD」の引き揚げに成功したことを発表した。事故は8月5日に発生し、タグボートに乗船していた7人の乗組員のうち6人は救助され1人は行方不明になっていましたが、捜索活動の結果、水深27mに沈没したタグボートの船内から発見され、死亡が確認されたという。

事故後、沈没したタグボートの位置を特定するとともに、船体の引き揚げに向けた準備が進められ、500トン吊りクレーン船「Enkaz」が現地に手配されました。水深27mの位置で発見されたタグボートを引き揚げるためにおこなわれた潜水作業は、運河の水流や27mという深度に加えて視界が悪い中での作業だったそうです。

500トン吊りクレーン船「Enkaz」

船名Enkaz
船種クレーン船
クレーン能力500トン
長さ60.91m
26.62m
深さ5.5m
500トン吊りクレーン船「Enkaz」
出典:Damen
スポンサーリンク

スエズ運河の航行は正常に運航

スエズ運河庁(Suez Canal Authority)の発表によると、8月7日と8日の2日間に両方向でスエズ運河を通航した船舶の合計は146隻、トン数は840万トンに達したという。タグボート「FAHD」が引き揚げられたのは恐らく8月8日だと思いますが、運河内で引き揚げ作業をしていたにも関わらず、ほぼ通常運行に近い隻数の航行が出来ていたことになる。これについては、船舶が安全に航行できるように誘導ブイの設置や警戒業務など多くの措置を実施していたと述べています。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました