転覆船から流出した油がトリニダード・トバゴの海岸に漂着

転覆船から流出した油がトリニダード・トバゴの海岸に漂着 事件・事故
スポンサーリンク

トリニダード・トバゴの海岸に転覆した船舶から流出した油が漂着

2024年2月7日、トリニダード・トバゴのトバゴ島近くで転覆した船舶から油が流出し、付近の海岸へ漂着する事態が発生。一部の目撃者によると2月6日には転覆船を確認していたという情報もありますが、トバゴ島当局が事態の報告を受けたのは2月7日だという。ですが、当局は遭難信号などを受けておらず、転覆船とその周囲を捜索しても乗組員が発見されていないことから少しミステリアスな雰囲気が漂っている。

2月8日、事態収束に向けて対応しているトバゴ緊急事態管理庁(TEMA,Tobago Emergency Management Agency)は、外観などの視覚的特徴から転覆船が全長約100m(330フィート)の「Gulfstream」である可能性が高いと公表。船は木材や砂などを積んでいたとみられていますが、潜水士による調査では船舶の登録番号を識別するまでには至っておらず、転覆船の素性は明らかになっていない。

スポンサーリンク

流出した油は周囲の海岸へすでに漂着

トリニダード・トバゴ共和国という国名はトリニダード島とトバゴ島という主要な2つの島名を合わせたもので、トリニダード島は面積4,827km2(和歌山県:4,725km2と同じくらい)、そこから北東へ約34kmに位置するトバゴ島の面積は300km2で島内の人口は約6万人。

転覆船の位置はトバゴ島南西にある「Cove Eco-Industrial Park」の海岸から約200mの位置。

転覆船から流出した油は既に付近の海岸に漂着しており、トリニダード・トバゴ沿岸警備隊やトバゴ緊急事態管理庁などによって漂着した油を除去する清掃活動がおこなわれています。YouTubeに投稿された油流出を報じるニュース映像を確認すると、船が転覆している位置から離れた海岸にも油が漂着していることが確認できました。

油の流出元である転覆船にオイルフェンスを設置する作業や付近の港へ油が進入するのを予防するためのオイルフェンスを設置する対策はおこなわれつつあるようですが、根本的な原因である転覆船からの油抜き取りや転覆船を移動させる作業はまだのようです。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました