カズワン

国内ニュース

知床観光船沈没事故「知床遊覧船」の会社と社長を電波法違反で告発

総務省の地方支分部局である北海道総合通信局は、「知床遊覧船」が許可を受けずに本社事務所などに無線局を設置したとして、会社と桂田精一社長を電波法違反の容疑で網走海上保安署に告発しました。
国内ニュース

沈没事故から2カ月、知床の小型観光船2社が6月16日から運航再開

2022年4月23日の沈没事故から約2ヵ月。沈没事故の影響で運航を自粛していた小型観光船が6月16日から営業運航を再開。
事件・事故

観光船「KAZU1」沈没事故から38日、陸揚げされ調査始まる

2022年6月1日、観光船「KAZU1」が網走港の岸壁へ陸揚げされ、事故原因の究明に向けて調査が始まる。
事件・事故

観光船「KAZU1」曳航中に水深180mの海底へ落下

2022年5月24日午前、海面近くまで吊り上げられ、海中に宙吊りの状態で曳航されていた観光船「KAZU1」の船体が落下。作業船「新日丸」の無人潜水機が午前11時40分ごろ、水深およそ180メートルの海底まで落下している船体を確認。
事件・事故

観光船「KAZU1」は穏やかな瀬戸内海で運航されていた⁉

北海道・知床半島沖の海で消息を絶った観光船「KAZU I(カズワン)」はもともと穏やかな瀬戸内海で定期高速船「ひかり八号」として運航されていたようです。
事件・事故

飽和潜水による観光船「KAZU1」の船内捜索開始

2022年5月18日午後4時頃、北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故現場へ向け、作業船「海進」は網走港を出港。5月19日午前7時頃、沈没現場付近に「海進」到着。
事件・事故

飽和潜水機材を積んだ作業台船「海進」が網走港に到着

 2022年5月10日に北九州市の門司港を出港した作業台船「海進」と曳船「早潮丸」が5月17日9時頃網走港に到着。
事件・事故

「KAZU1」捜索へ向け作業船「海進」出動準備

「新日丸」に続けて、日本サルヴェージが所有する作業台船「海進」が知床半島での捜索に向けて準備を進めているそうです。「海進」は水深約115メートル地点に沈没している観光船の船体周辺の捜索や調査のため、「飽和潜水」の資機材を積み、5月10日午後にも北九州の門司港を出港する予定。
事件・事故

観光船「KAZU1」の捜索へ向け「新日丸」出動

知床半島沖で観光船が沈没した事故で、海上保安庁は船の中に取り残されている可能性がある行方不明者の捜索のため、海上保安庁は「日本サルヴェージ」と契約。その費用は8億7700万円に上るということです。
事件・事故

海に沈んだ船を引き上げる5つの方法

海難事故により沈んだ船を引き上げるという行為は、事故の物的証拠である船体を確認する為にも必要不可欠なことです。引き上げる方法はケースバイケースで、現場の状況に合わせた方法が採用されますが、過去の引き上げ事例を確認することで見えてくる未来もあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました