CRIMSON POLARIS

事件・事故

八戸港で座礁船撤去準備を進めていた「海翔」が無念の出港

1年以上前になる2021年8月11日、強風により座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS(クリムゾン・ポラリス)の船尾部撤去のため八戸港で準備を進めていた「海翔」のタイムリミットが来て無念の出港となるようです。
事件・事故

「海翔」八戸港へ「CRIMSON POLARIS」の撤去に向かう

2022年10月22日、長らく東京湾に停泊していた日本最大の起重機船「海翔」をはじめ「第3神好丸」「どうかい」「鳳旺丸」で構成された海翔船団が八戸港へ向けて東京湾を出港した。
事件・事故

八戸港沖で座礁した貨物船 船尾部分の吊り上げ撤去が間もなく開始

2021年8月に青森県八戸港の沖で座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS。その後、船体が2つに折れて分断、船首部の撤去は1か月後の2021年9月に完了しましたが、船尾部は今なお座礁したままになっている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました