八戸沖の座礁船、機関室部分をフローティングドックへ積載完了

八戸沖の座礁船、機関室部分をフローティングドックへ積載完了 国内ニュース
スポンサーリンク

八戸沖の座礁船、機関室部分をフローティングドックへ積載完了

2024年2月24日、青森県八戸港の沖で座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS(クリムゾン・ポラリス)の残された船尾部分撤去作業のうち、昨年末に八戸港中央防波堤の港内側へ移動を完了させていた機関室をフローティングドック(FD)「宏洋12000」に搭載する作業が完了しました。今後は、船首部分と同様に解体をおこなう広島県のヤードまでフローティングドックを曳航するという。

港内の海底に仮置きしていた機関室をFDへ積み込む作業は2月9日に開始されましたが、作業中にFDデッキの破損が確認され、作業を中断する事態が発生。困難な作業を乗り越えた先のFD搭載作業完了と言えるので、撤去完了に向けて着実に作業は進んでいるようです。すべての撤去作業が終わるのは3月末になる見込み。

スポンサーリンク

海域に残る船倉部分と居住区部分

クリムゾン・ポラリス撤去部分の概要

今回、FDへの搭載が完了した機関室部分は2021年9月に撤去した船首部分に続いて2つ目ということになる。八戸港沖の海域に残っているのは居住区と船倉の2つ。

残る居住区と船倉の重量は不明。船倉部分は軽そうなのに加えて、場合によっては分割撤去も出来そうなので比較的撤去の難易度は低そう。それに比べて居住区は重量500トン以上ありそうなのと、隔壁が多い事から分割することは難しそうなので撤去の難易度は高そう。

揚重する設備はチェーンプラーを艤装した台船しか無いと思うんですが、既に機関室を積んだFD「宏洋12000」には残りの居住区と船倉を積むことは出来ない。2隻目のFDが八戸港に入港したという情報はないので、沈没している現地で数百トンクラスのクレーン船が吊り上げられる大きさまで分割した上で撤去するのかもしれません。あと1ヶ月で果たして撤去完了するのでしょうか・・。

今後の残る撤去作業にも要注目。

スポンサーリンク

「CRIMSON POLARIS」引き揚げに関する記事

八戸港沖で座礁した貨物船 船尾部分の吊り上げ撤去が間もなく開始
八戸港沖で座礁した貨物船 撤去予定の船尾部分が消えた!?
「海翔」八戸港へ「CRIMSON POLARIS」の撤去に向かう
八戸港で座礁船撤去準備を進めていた「海翔」が無念の出港
八戸沖座礁船の撤去完了は来年末へ 撤去方法はチェーンプラーに変更
八戸沖座礁船の撤去について新たなスケジュールの提示
今治沖の貨物船「白虎」引き揚げ作業 本格的に開始
迷走する台風6号、進行中のサルベージオペレーションへの影響は?
八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が来年1月末へ延期
「クリムゾンポラリス」船尾部分の撤去開始、直後に油流出
八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が2024年3月末に延期
八戸沖の座礁船、重量約1,700トンの機関室移設作業完了
座礁船「クリムゾンポラリス」、起重機船で機関室をFDへ積込予定
座礁船「クリムゾンポラリス」を搭載するFD到着、週明けに作業開始
座礁船「クリムゾンポラリス」FD搭載作業中に台船破損で作業中断
八戸沖の座礁船、機関室部分をフローティングドックへ積載完了
「クリムゾンポラリス」の機関室を載せたFDが広島へ向け八戸出港
「クリムゾンポラリス」の撤去完了時期は5月中旬に遅れる見通し
クリムゾンポラリス機関室搭載FDを曳航する「航洋丸」横須賀へ避難
「クリムゾンポラリス」機関室を積んだFD曳航再開、目的地は東播磨
クリムゾンポラリス撤去完了がさらなる遅延の見込み
八戸沖のクリムゾンポラリス撤去完了時期、8月中旬に延期
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む