八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が2024年3月末に延期

八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が2024年3月末に延期 事件・事故
スポンサーリンク

八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が2024年3月末に延期

2021年8月に青森県八戸港の沖で座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS(クリムゾン・ポラリス)の撤去完了時期が、2024年1月下旬からさらに2カ月延期され2024年3月末になることが明らかにされました。

2023年12月14日に非公開でおこなわれた説明会では、関係自治体や漁業関係者などに対して完了予定時期の延期について説明があり、その説明会終了後に船主側代理人の弁護士が報道各社の取材に応じ、撤去完了時期の延期が明らかになったという。

報道されている情報によると延期の理由としては、機関室に穴を開けて吊り上げ用のチェーンを通し、台船2隻で吊上げた際、想定外の切れ込みが発生したため、別の位置にチェーンを設置し直す必要があるとのこと。作業は、天候次第で12月下旬にも再開する予定。

ということは、2023年10月の船尾機関室部分を吊り上げた際に油が流出した時点で、撤去する船体に想定外の切れ込みが発生していたと思われる。

スポンサーリンク

残っている船尾部分の撤去方法

予想される船体の3分割方法

2021年8月に座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS(クリムゾン・ポラリス)は、座礁後に船体が2つに折れて分断し、船首部分の撤去は1か月後の2021年9月に完了しましたが、船尾部分は今なお座礁したまま。撤去を行う予定の船尾部重量は全体で約3,300トン。それを「機関室」「居住区」「船倉部分」に3分割して引き揚げる予定。「機関室」部分の重量は1,700トン。

その後、波浪による影響で船尾部分は反転してしまったものの撤去準備が進められ、予定では2022年10月初旬に起重機船「海翔」が八戸港に入港し、10月前半には3分割された船尾部の機関室部分が撤去される見込みでしたが、直前にさらなる波浪により海面から見えていた船尾部分が移動し、海面上から消えて見えなくなってしまう。

今思うと、これが無ければ起重機船「海翔」で機関室部分の吊り上げは出来ていたかもしれません。

スポンサーリンク

今回で3回目の工程変更

撤去項目以前の工程施工方法変更使用台船の前工程遅延
(2023年8月末時点)
想定外の切れ込み
(2023年12月時点)
機関室2023年10月まで2023年10月下旬から11月上旬
居住区と船倉部分2023年11月
撤去完了2023年12月末2023年12月末2024年1月下旬2024年3月末
これまでに変更された工程

これまでに船尾部分の撤去に関して、引き揚げ方法を起重機船からチェーンプラーに変更、使用する台船(おそらく白虎引き揚げに使用していたチェーンプラーを艤装した台船)の前工程遅延という理由から2回の工程変更をおこなっており、今回で3回目となる。

世間一般には何やってんだと思う方が多いかもしれませんが、それだけ天候に左右されやすく、危険を伴う撤去作業をおこなっているということを想像して欲しい。早くしろと言われて無理な作業をおこない事故が起きても、周りの人が責任を取ってくれる訳ではない。自分の信念を貫き、無事に作業が完遂することを期待しています。

木材チップ専用船「CRIMSON POLARIS」の概要

船名CRIMSON POLARIS
(クリムゾン・ポラリス)
船籍パナマ
総トン数39,910トン
長さ199.9m
32.2m
建造年2008年
座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS
出典:FleetMon | maddave

「CRIMSON POLARIS」引き揚げに関する記事

八戸港沖で座礁した貨物船 船尾部分の吊り上げ撤去が間もなく開始
八戸港沖で座礁した貨物船 撤去予定の船尾部分が消えた!?
「海翔」八戸港へ「CRIMSON POLARIS」の撤去に向かう
八戸港で座礁船撤去準備を進めていた「海翔」が無念の出港
八戸沖座礁船の撤去完了は来年末へ 撤去方法はチェーンプラーに変更
八戸沖座礁船の撤去について新たなスケジュールの提示
今治沖の貨物船「白虎」引き揚げ作業 本格的に開始
迷走する台風6号、進行中のサルベージオペレーションへの影響は?
八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が来年1月末へ延期
「クリムゾンポラリス」船尾部分の撤去開始、直後に油流出
八戸沖座礁船「クリムゾンポラリス」撤去完了が2024年3月末に延期
八戸沖の座礁船、重量約1,700トンの機関室移設作業完了
座礁船「クリムゾンポラリス」、起重機船で機関室をFDへ積込予定
座礁船「クリムゾンポラリス」を搭載するFD到着、週明けに作業開始
座礁船「クリムゾンポラリス」FD搭載作業中に台船破損で作業中断
八戸沖の座礁船、機関室部分をフローティングドックへ積載完了
「クリムゾンポラリス」の機関室を載せたFDが広島へ向け八戸出港
「クリムゾンポラリス」の撤去完了時期は5月中旬に遅れる見通し
クリムゾンポラリス機関室搭載FDを曳航する「航洋丸」横須賀へ避難
「クリムゾンポラリス」機関室を積んだFD曳航再開、目的地は東播磨
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む