世界最大のタワークレーン吊り上げ荷重720トン、最大揚程400m

世界最大のタワークレーン吊り上げ荷重720トン、最大揚程400m 橋梁
スポンサーリンク

世界最大のタワークレーン「R20000-720」

世界最大のタワークレーン「R20000-720」
出典:Zoomlion Heavy Industry Science&Technology

 2023年4月20日、中国の大手建設機械メーカー中聯重科(Zoomlion Heavy Industry Science and Technology)は、世界最大のタワークレーン「R20000-720」が生産ラインから出荷されたことを発表した。定格モーメント20,000t・m、最大吊り上げ荷重720トン、最大揚程400m、158件の革新的な科学研究成果と305件の発明特許が組み込まれており、その中には60件を超える主要技術と12件の世界初の技術が含まれているという。

重量900トンのテストウェイト

 ラインオフセレモニーで使用されていたテストウェイトの重量は900トン。重量900トンの下には ”720×1.25=900t” と書いてあるのが確認できます。

 引きの画像だとタワークレーン「R20000-720」の大きさが伝わりづらいですが、一緒に映っている人の大きさと比べるとかなりの大きさであることが分かります。

スポンサーリンク

馬鞍山高速鉄道長江大橋の建設で使用

馬鞍山高速鉄道長江大橋の完成イメージ
出典:中铁大桥勘测设计院集团有限公司

 世界最大のタワークレーン「R20000-720」は、生産ラインから出荷された後、中国の安徽省巣湖市と馬鞍山市を結ぶ高速鉄道の一部である馬鞍山高速鉄道長江大橋の建設に使用される予定。

 馬鞍山高速鉄道長江大橋は、全長3,248mの3塔式鋼トラス斜張橋を採用し、2主径間はそれぞれ1,120mで完成すると世界最長の斜張橋になる。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました