スコットランドのグラスゴーで重量1,600トンの旋回橋設置作業

スコットランドのグラスゴーで重量1,600トンの旋回橋設置作業 橋梁
スポンサーリンク

スコットランドのグラスゴーで重量1,600トンの旋回橋設置作業

スコットランドのグラスゴー西部で2重旋回橋「Clyde Crossing swing bridge」南側部分の橋桁を設置する作業がおこなわれました。

輸送台船から設置位置の橋脚上まで重量1,600トンの橋桁を移動させる作業にはSPMT(Self-Propelled Modular Transporter)と呼ばれる自走式多軸台車を使用。施工中にクライド川を航行する船舶の規制をおこなっていたのかは分かりませんが、夜間に設置作業がおこなわれたようです。

YouTubeに投稿された橋桁設置作業の様子ではSPMTが輸送台船から陸上側へ乗り移る時、小刻みに停止を繰り返しながら輸送台船のバラスト調整をおこなっているのが確認できました。

橋桁はオランダからグラスゴーまで海上運搬

オランダ~グラスゴー運搬経路

オランダのHollandia Infraで製作した橋桁はSarensの輸送台船「Caroline」(長さ122m、幅36m、深さ7.6m)に積まれ、約1,500kmを海上運搬してスコットランドのグラスゴーへ運ばれました。

スポンサーリンク

【動画】海上運搬、橋桁設置作業

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました