☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

翼を付けた空飛ぶ船!?・・・ではないようです

翼を付けた空飛ぶ船!?ではないようです 船舶

 一見すると空を飛びそうな羽を付けた船のようにも見えますが、実際は運搬船に橋桁が積まれた状態。トルコに架かる「チャナッカレ1915橋」と呼ばれる全長3,563mの吊り橋建造時の様子。

スポンサーリンク

トルコに架かる「チャナッカレ1915橋」

全長3,563mの吊り橋「チャナッカレ1915橋」
出典:Wikipedia | Zafer – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

 トルコのマルマラ海とエーゲ海を結ぶダーダネルス海峡に架かる「チャナッカレ1915橋」は、2017年3月18日に建設が開始され、2022年3月18日に完成。日にちが揃っているのは、第一次世界大戦中のガリポリの戦いにおいて、トルコ海軍が連合国海軍に勝利を収めた1915年3月18日を記念するもの。

 橋の桁下高さは69.3m、幅43.06m、双方向3車線の合計6車線、さらに両側に保守作業用の徒歩通路を備えている。2本の主塔の高さは318メートル、主径間の支間は2,023メートルあり、日本の明石海峡大橋(主径間1,991m)を32メートル抜いて、世界でもっとも主径間の長い吊橋。

橋桁の輸送

輸送船「GMK – I」に搭載された橋桁(重量=720トン)
出典:Hareket

 橋桁の輸送は「チャナッカレ1915橋」の建設現場から西へ約4.5kmのゲリボル(Gelibolu)ヤードで輸送船「GMK – I」に搭載されて運搬された。

SPMTを使用して輸送船「GMK – I」に橋桁を搭載
出典:Hareket

「チャナッカレ1915橋」建設の動画

 動画を見るとかなりのビッグプロジェクトだったことがよく分かります。ピックアップした動画の他にも多数アップされているので興味のある方はどうぞ。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました