米ボルティモア橋崩落の残骸撤去に油圧式巨大グラブ投入

米ボルティモア橋崩落の残骸撤去に油圧式巨大グラブ投入 事件・事故
スポンサーリンク

米ボルティモア橋崩落の残骸撤去に油圧式巨大グラブ投入

2024年4月22日、USACE(United States Army Corps of Engineers:アメリカ陸軍工兵隊)はメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋で起きた崩落事故の残骸撤去に向けて、油圧式の巨大グラブが事故現場近くのSparrows Pointに到着したことを明らかにしました。

航路復旧に向けた崩落した橋の残骸撤去として、水面上に見えている橋桁をある程度の大きさで切断撤去したり、水中の残骸についてもグラブバケットを使用した撤去作業がおこなわれ、これまでに1,000トン以上が引き揚げられているという。

容量1,000トンの油圧式グラブバケット

Sparrows Pointに到着した巨大な油圧式グラブバケット
出典:X | USACE Baltimore(@USACEBaltimore
USACE BaltimoreのX投稿【2024年4月22日投稿】

(翻訳)

統合コマンドの沿岸作業員が、テキサス州ガルベストンから1週間のバージの旅を経て、今週末スパローズポイントに到着した200トンの巨大な油圧式サルベージグラブの隣に立っています。
1,000トンの容量を誇るこのグラブは、フランシス・スコット・キー橋の崩壊現場から5万トンの残骸のかなりの部分を回収するために使用されます。

X | USACE Baltimore(@USACEBaltimore

USACEのX投稿によるとグラブ重量は200トン、そしてグラブで掴みあげられる重量は1,000トン。投稿文の中にある ”5万トンの残骸” というのも気になります。

巨大な油圧式グラブバケットは台船に積まれ、テキサス州ガルベストン(Galveston)から1週間かけて海上輸送。

これまでにも現場ではグラブバケットを使用した残骸撤去は実施されていますが、使用されているのは日本国内でもよく見かけるクレーンの巻き上げウインチ2基で開閉するタイプ。支持ワイヤーと開閉ワイヤーを操作してグラブバケットを開閉する仕組みで、ガット船に搭載されているのと同じ構造。

今回、ボルティモアに到着した油圧式グラブバケットは開閉を油圧でおこなう構造になっており、上部には吊り上げるためだけのシャックルが確認できます。開閉用のワイヤーが無いかわりに、使用時にはグラブバケットを開閉するための油圧ラインが必要になると思われる。

巨大な油圧式グラブバケットはThe Grab Specialistの製品

巨大な油圧式グラブバケットについて調べてみると、形状やカラーリング、容量などからオランダのThe Grab Specialist(TGS)が開発したHydraulic Salavage Grabs(油圧式サルベージグラブ)のようです。

仕様シングル(2歯)ダブル(4歯)
自重70トン160トン
閉止力5,000kN
(2×2,500kN)
10,000kN
(4×2,500kN)
揚重容量500トン1,000トン
Hydraulic Salavage Grabsの仕様

シングルとダブルという2種類の仕様があり、今回ボルティモアに到着したのはダブル。揚重容量の1,000トンは同じ数値ですが、グラブバケットの自重は160トンと記載されておりUSACEの200トンとは少し違った数値になっていました。160トンをショートトンに変換しても約177ショートトンであるため、吊具や油圧ラインなどの重量を含めた概算重量なのかも。もしかするとボルティモアの現場向けに特別な補強を施して重量が増えている可能性も。

YouTubeリンク先 TGS | The Grabs Specialist 3d Film Salvage grab

メキシコ湾に沈んだジャッキアップリグのサルベージ作業で使用

沈没前のジャッキアップ船「Troll Solution」
出典:X | Gaspar Villaseñor(@survemex
Hydraulic Salavage Grabsを使用した船体の引き揚げ
出典:X | Eric Haun(@erichaun10

2015年5月、メキシコのカンペチェ湾に設置されたプラットフォームのメンテナンス作業中にジャッキアップ船「Troll Solution」が沈没した事故では、船体を引き揚げるサルベージ作業にHydraulic Salavage Grabsが使用されていました。

プラットフォームから2mという近距離に沈没したジャッキアップ船「Troll Solution」のサルベージ作業では、 ”Guided Guillotine” (ガイド付きギロチン)と呼ばれるもので船体を31のブロックに分割した後、1,400トン吊りクレーン船「CONQUEST MB1」でHydraulic Salavage Grabsを使用して分割した船体ブロックを引き揚げ。

船体ブロックを引き揚げる画像を見ると、油圧式のHydraulic Salavage Grabsの爪が船体を突き破り食い込んでいるのが分かります。フランシス・スコット・キー橋の橋桁に使用されている鉄骨程度なら、いとも簡単に切断してしまいそうですが大丈夫なんでしょうか。

船名CONQUEST MB1
クレーン能力1,400トン
ブーム長さ75m
長さ136m
36m
深さ8m
建造年2012年
1,400トン吊りクレーン船「CONQUEST MB1」
出典:MarineTraffic | marco schoone

クレーン船「Chesapeake 1000」で施工の可能性

メキシコでの使用実績では1,400トン吊りクレーン船「CONQUEST MB1」が作業をおこない、グラブバケット自体の重量だけで約200トン、引き揚げ可能な重量が1,000トンであることから1,000トン以上のクレーン船で施工することが望ましい。

ですが現状、フランシス・スコット・キー橋のサルベージ作業に従事しているクレーン船の中で最もクレーン能力が大きいのは907トン(1,000ショートトン)吊りの「Chesapeake 1000」。吊り上げ能力から推測すると「Chesapeake 1000」で施工する可能性が高そうですが旋回できない構造のクレーン船であるため、Hydraulic Salavage Grabsの装着および解除には別の台船が必要となり施工効率が悪い面もある。

船名Chesapeake 1000
クレーン能力907トン
※(1,000トン)
長さ58.27m
30.84m
深さ6.12m
建造年1972年
※( )内の数値はショートトン
クレーン船「Chesapeake 1000」
出典:U. S. Coast Guard
スポンサーリンク

【関連記事】フランシス・スコット・キー橋 崩落事故

米メリーランド州でコンテナ船が橋脚に衝突、橋全体が崩落
2024年3月26日午前1時30分頃(現地時間)、全長約300mのコンテナ船「DALI」がアメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋(Francis Scott Key Bridge)の橋脚に衝突する事故が発生
米ボルティモアの橋崩落事故で航海データ回収、タイムライン公開
2024年3月26日午前1時30分頃にコンテナ船「DALI」がアメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の橋脚に衝突した事故について、NTSBは、コンテナ船からVDR(航海データ記録装置)のデータを回収しました
米ボルティモアの橋崩落事故、橋の撤去作業に向けてクレーン船到着
アメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の橋脚にコンテナ船「DALI」が衝突した事故で、崩壊した橋桁などの撤去作業に向けて複数のクレーン船が現場に到着。
崩落した橋の重量でコンテナ船「DALI」は座礁している状態
アメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の橋脚にコンテナ船「DALI」が衝突した事故。崩壊した橋の残骸を撤去するためクレーン船が現場に到着し、封鎖されている航路を一刻も早く再開すべく作業がおこなわれています。
米ボルティモア橋崩落で暫定スケジュール発表、航路全面再開は5月末
2024年4月4日、USACE(アメリカ陸軍工兵隊)はメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の崩落事故により閉鎖されている航路について、暫定スケジュールを発表しました。
米橋崩落事故で156トンの橋桁撤去、船上のコンテナ撤去開始
メリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の崩落事故で、現地では橋桁などを撤去するサルベージ作業が継続しておこなわれています。
米ボルティモア橋崩落の残骸撤去に油圧式巨大グラブ投入
2024年4月22日、USACEはメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋で起きた崩落事故の残骸撤去に向けて、油圧式の巨大グラブが事故現場近くのSparrows Pointに到着したことを明らかにしました。
米橋崩落事故、コンテナ船浮上に向けて橋桁を爆薬で精密切断する計画
2024年5月8日、メリーランド州ボルティモアで起きた橋崩落事故の対応をおこなうUSCGやUSACEなどで構成する統合司令部はコンテナ船「DALI」の船首左舷側にのしかかる橋桁の撤去について爆薬により精密切断する計画であることを明らかにした
米ボルティモアの橋崩落事故、爆破による橋桁の精密切断実施
アメリカのメリーランド州ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故で、コンテナ船「DALI」の船首左舷側に載った状態になっていたセクション4と呼ばれる橋桁の爆破による精密切断がおこなわれました。
米の橋崩落事故でコンテナ船「DALI」の再浮上予定発表
2024年5月18日、メリーランド州ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故の対応をおこなう統合司令部は、コンテナ船「DALI」の再浮上とターミナルへの移動を5月20日の朝に実施すると発表。
米の橋崩落事故でコンテナ船の移動完了、航路再開に向け大きく前進
2024年5月20日、ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故で、船首に落下した橋桁などの重量により座礁したままとなっていたコンテナ船「DALI」の再浮上作業がおこなわれ、シーガート・マリーン・ターミナルへ移動しました。
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む