Havframが2隻目となるメガSEP船の建造契約

Havframが2隻目となるメガSEP船の建造契約 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

Havframが2隻目となるメガSEP船の建造契約

Havframの掲載記事

Havfram Wind doubles fleet with order of second Wind Turbine Installation Vessel

(Havfram Windは、2番目の風力タービン設置船の注文で艦隊を2倍にします)

https://havfram.com/news/havfram-wind-doubles-fleet

 2023年4月18日、ノルウェーのHavfram Windは、1隻目の建造契約におけるオプション船にあたる2隻目のメガSEP船について中国のCIMC Rafflesと建造契約を行なったことを発表した。完成・引き渡し予定は2025年第4四半期後半。

 船体設計は、1隻目と同様にNOV海洋事業の一部であるGustoMSCによるもので、NG-20000Xという型式。

型式NG-20000X
長さ151.1m
58.0m
甲板スペース5,600m2
レグ長さ120m
最大作業水深70m
NG-20000Xの標準仕様

 最新のバッテリーハイブリッド運転技術が搭載され、以前のモデルと比較して炭素排出量を大幅に削減するという。

 搭載されるクレーンについても1隻目と同様、Huisman製で最大吊り上げ能力3,250トン。フル電動のLEC(Leg Encircling Crane)は、ブーム長さ155mで、甲板上からの揚程は約180m。ローター直径300mを超える洋上風力タービンと水深70mの海域で最大3,000トンのXXLモノパイルを設置する能力を備えている。

 クレーンは、中国の福建省漳州市にあるHuisman (China)で製造される予定。

スポンサーリンク

建造後の作業予定

 中国で建造中の1隻目と建造を発注した2隻目のメガSEP船が引き渡された後の作業予定。

 Havfram Windは、2023年3月に世界最大規模の「Hornsea Three offshore wind farm」の風力タービン設置について契約したことを発表。さらにNorfolk projects、Nordseecluster projectのタービン設置サポートについて優先サプライヤー契約を結んでいる。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました