Van OordのSEP船「Boreas」進水

Van OordのSEP船「Boreas」進水 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

Van OordのSEP船「Boreas」進水

進水したSEP起重機船「Boreas」
出典:Van Oord

2024年5月14日、Van Oordは中国の山東省烟台市にあるYantai CIMC Raffles Offshore(烟台中集来福士海洋工程)で建造しているSEP起重機船「Boreas」が無事に進水したと発表。Van Oordのコーポレートカラーであるブルーの船体にオレンジのラインが入ったスタイリッシュな船体が進水する様子を画像で公開しました。

今後は、吊り上げ能力3,000トン以上のメインクレーンやレグの延長作業、そして海上公試を含む各種検査を経て、2025年に市場投入される予定。完成・引き渡しのスケジュールについて明確な記載はありませんでした。

「Boreas」の建造契約締結が発表されたのは2021年10月。その後、2022年7月に建造を開始しており、他のSEP起重機船と比較すると少し建造期間が長いような気もします。「Boreas」に搭載されるHuisman製のメインクレーンは、吊り上げ能力3,000トン以上。完成するとJan De Nulの「Voltaire」に並ぶ世界最大級のSEP起重機船が誕生する。

完成後は、オランダの「Hollandse Kust (west) lot VI」、ドイツの「Nordseecluster wind project」でそれぞれ単機出力15MWの風力タービン設置作業で配備されることが明らかにされています。

SEP起重機船「Boreas」の建造タイムライン

SEP起重機船「Boreas」の建造タイムライン
  • 2021年10月
    Van OordがSEP起重機船の建造を発表

    Yantai CIMC Rafflesとの建造契約締結

  • 2022年7月
    建造開始

    Steel Cutting Ceremony(鉄鋼切断式)

  • 2022年12月
    起工式

    Keel Laying Ceremony(起工式)

  • 2024年5月
    進水
  • 2025年
    市場投入(予定)

SEP起重機船「Boreas」の概要

SEP起重機船「Boreas」は、長さ176m、幅63m、深さ13.2m、搭載されるクレーンはHuisman製で、吊り上げ能力3,000トン以上。レグ長さは127.4m、最大作業水深は80m。

これまでのSEP起重機船と大きく違う「Boreas」の特長として、メタノール2元燃料船であるという点が挙げられます。従来の化石燃料を使用する方法に比べて、CO2排出量を78%以上削減。高度なアクティブエミッション制御技術(選択的触媒還元)によりNOx排出量を抑え、6,000kWhのバッテリーパック設置でピーク負荷に耐えるとともに燃料消費量をさらに削減できるという。

船名Boreas
クレーン能力3,000トン以上
長さ176m
63m
深さ13.2m
レグ長さ127.4m
作業水深最大80m
載荷重量トン20,000トン以上
SEP起重機船「Boreas」の概要
船体設計Knud E Hansen(デンマーク)
建造Yantai CIMC Raffles Offshore(中国)
クレーンHuisman(オランダ)
エンジンWärtsilä(フィンランド)
船名Boreas
クレーン能力3,000トン以上
長さ176m
63m
深さ13.2m
レグ長さ127.4m
作業水深最大80m
載荷重量トン20,000トン以上
SEP起重機船「Boreas」の概要

【関連記事】SEP起重機船「Boreas」

「Van Oord」巨大SEP起重機船建造発表
2021年10月1日に「Van Oord」が新しいSEP起重機船の建造を発表。2024年に市場投入される予定。大きさ的には20MWの洋上風車設置が可能。そして燃料がメタノール。
Van Oordの3,000トン吊りSEP起重機船「Boreas」建造開始
Van Oordの3,000トン吊りSEP起重機船「Boreas」の建造開始。3,000トンのクレーン能力はSEP起重機船としてJAN DE NULが建造中の「Voltaire」と並んで世界最大。
SEP船「Aeolus」のクレーン大規模アップグレードを発表
オランダのVan OordはSEP起重機船「Aeolus」のクレーン大規模アップグレードを発表。吊り上げ能力は1,600トンのままでブーム長さが133mに延長される。2023年初頭には完了する見込みで最大15MWの洋上風車設置が可能に。
間もなく完成予定の「Voltaire」は3,200トン吊り?
Jan De Nulが建造中の完成すれば世界最大のSEP船となる「Voltaire」。搭載されているクレーン能力は3,000トンかと思っていましたが、3,200トンかもしれないという情報。中国のニュース記事がソースなので確定ではありません。
Van OordのメガSEP起重機船「Boreas」起工式
中国の山東省 烟台市にあるYantai CIMC Raffles OffshoreでVan OordのメガSEP起重機船「Boreas」の起工式が行われました。完成予定は2024年。
中国で半潜水型の浮体式洋上太陽光発電プラットフォームが完成
中国のCIMC Rafflesで半潜水型の浮体に太陽光発電パネルを設置した浮体式洋上太陽光発電プラットフォームが完成。デッキ面積は約1,900平方メートルで、総設置容量は400kWp。
SEP船「Boreas」に搭載される5基のメタノールエンジン
2023年4月19日、Van Oordは建造中のSEP起重機船「Boreas」に搭載するWärtsilä 32メタノールエンジンが工場受入試験(FAT)に合格し、建造場所の中国へ向かっていると発表した。
SEP船「Boreas」建造後の初プロジェクトはNordseecluster
2023年4月26日、Van Oordはドイツ沖合で建設計画が進められている洋上風力発電プロジェクトNordseeclusterの風力タービン基礎輸送・設置について優先サプライヤーに選ばれたことを発表した。
SEP船「Boreas」初作業、環境に優しい洋上風力発電所建設
2023年9月8日、Shell と Eneco の合弁会社 Ecowende は、オランダ沖で開発を進める Hollandse Kust west VI の洋上風力建設について Van Oord と契約することを発表、年内中に契約する予定
オランダ洋上風力にVestasの15MW風力タービン52基供給
2023年12月22日、Ecowendeは、オランダ沖で開発を進めているHollandse Kust (west) lot VIエリアに設置する風力タービンとしてVestasの「V236-15.0MW」52基を発注したと発表。
Van OordのSEP船「Boreas」進水
2024年5月14日、Van Oordは中国の山東省烟台市にあるYantai CIMC Raffles Offshore(烟台中集来福士海洋工程)で建造しているSEP起重機船「Boreas」が無事に進水したと発表。
重量37,000トンの船体を半潜水バージ2隻で進水、驚くべき方法
中国の山東省烟台市にあるYantai CIMC Raffles Offshore(烟台中集来福士海洋工程)で建造中のSEP起重機船「Boreas」は先日進水作業がおこなわれましたが、その進水方法は驚くべき方法で実施されていたようです。
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む