☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

全長200mの4,000トン自航式クレーン船「海洋风电76」進水

全長200mの4,000トン自航式クレーン船「海洋风电76」進水 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

全長200mの4,000トン自航式クレーン船「海洋风电76」進水

中国の江蘇省南通市にある江蘇韓通贏吉重工有限公司で建造している4,000トン吊り自航式クレーン船「海洋风电76」(Hai Yang Feng Dian 76)の進水がおこなわれました。

クレーン船「海洋风电76」の船体設計は、中国船舶集団傘下の上海船舶研究設計院によるもの。全長200m、幅48mで固定吊り最大4,000トン、旋回3,000トンのクレーンを搭載。ブーム長さは不明ですが、揚程は甲板上145m。自航式で船首にバウスラスター3基、船尾にアジマススラスター3基を備えており、DP2の自動船位保持装置を搭載。さらに、8点の係留設備でアンカーによる係留も可能。

完成後の用途としては、やはり洋上風力を見据えているようで大型の基礎杭やジャケット、洋上変電所トップサイド設置という作業に従事するという。中国のニュース記事ではもう一つ、一体化された風力タービン設置という作業も書かれていました。少し見てみたい気はします。

船名海洋风电76
クレーン能力固定:4,000トン
旋回:3,000トン
揚程145m(甲板上)
長さ200m
48m
深さ16m
速力10ノット
DPSDP2
全長200mの4,000トン自航式クレーン船「海洋风电76」進水
4,000トン吊り自航式クレーン船「海洋风电76」
出典:龙de船人
スポンサーリンク

半潜水式バージを使用した進水

全長200mの4,000トン自航式クレーン船「海洋风电76」進水
4,000トン吊り自航式クレーン船「海洋风电76」
出典:龙de船人
建造中のSEP船進水作業、どうやって運んでる?
半潜水式バージを使用したSEP起重機船の進水
出典:龙de船人

今回、4,000トン吊りクレーン船「海洋风电76」は半潜水式バージを使用して進水作業がおこなわれています。使用されている半潜水式バージは、全長約184mの「汉拿山」(HAN NA SHAN)。

先月には同じ場所で1,600トン吊りSEP起重機船の進水作業がおこなわれていました。

船名汉拿山
総トン数11,596トン
載貨重量トン11,167トン
長さ184.25m
61m
深さ20m
建造年2016年5月
半潜水式バージ「汉拿山」(HAN NA SHAN)

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました