Boskalisのクレーン船「Bokalift 2」が完成し、台湾の洋上風力設置へ向け進行中

着床式

 Royal Boskalis Westminster N.V.の4,000トン吊り自航式クレーン船「Bokalift 2」が完成し、台湾のChangfang及びXidao洋上風力発電プロジェクトへ向けて移動中。

 「Bokalift 2」は既存船舶に4,000トン吊りクレーンとDPS性能を搭載した改造船。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Changfang及びXidao洋上風力発電プロジェクト

 Changfang及びXidao洋上風力発電プロジェクトは、台湾で建設中の洋上発電プロジェクト。

Changfang及びXidao洋上風力発電プロジェクト
  • 設置位置:台湾中西部 彰化県 沖合
  • 発電容量:MHI Vestas V174-9.5 MW、9.5MW×62基=589MW
  • 風車基礎:着床式、先行杭ジャケット式(基礎杭は3本/基)
  • ジャケット形状:3本脚、高さ80m、重量1,200トン
海上工事は2021年7月開始
杭を打設している「Bokalift 1」(2021年)
出典:Boskalis

 2021年7月にジャケットを設置するための基礎杭打設を開始。この時はRoyal Boskalis Westminster N.V.が所有する3,000トン吊りクレーン船「Bokalift 1」が作業を行った。設置したのは48本の杭と16基のジャケット。

 施工残数量は186本の杭と46基のジャケット。この設置作業が2022年に行われる予定で、「Bokalift 2」が台湾へ向かっている。

台湾へ向かう「Bokalift 2」のAIS情報(2022年6月18日時点)

改造船「Bokalift 2」

 冒頭でも書きましたが、「Bokalift 2」は改造船、コンバージョン船。元は世界最大の油田開発、洋上掘削を行うアメリカのTransoceanが所有していた掘削船「GSF JACK RYAN」。

掘削船「GSF JACK RYAN」
出典:FleetMon | WG7000
「Bokalift 2」の改造は2020年5月から
出典:Drydocks World

 「Bokalift 2」の改造は、ドバイに本拠を置くDrydocks Worldで2020年5月に開始。👆上の画像は鉄鋼切断式の様子。ここにも新型コロナウイルスの影が。みなさん2mの離隔を保って立ってます。

 この改造で使用された鋼材の量は9,000トン。改造により船幅が35mから49mに増加、全長は変わらず231mのまま、総トン数は47,079トンから60,825トンに1万トン以上増加。

 クレーンの設置は中国のHuisman Chinaで行われたようです。設置が行われたのは2022年に入ってから。

ドバイのDrydocks WorldからHuisman Chinaへ移動
出典:Drydocks World

 台湾での作業が始まれば様子をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました