ULSTEINが次世代モノパイル設置船「U-STERN」を発表

ULSTEINが次世代モノパイル設置船「U-STERN」を発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

ULSTEINが次世代モノパイル設置船「U-STERN」を発表

出典:Ulstein

 2023年4月24日、ULSTEINは次世代モノパイル設置船「ULSTEIN U-STERN」を発表。

 洋上風力タービンの大型化に伴い、サイズアップしていくモノパイル基礎の設置について重大な課題に直面しているとした上で、その解決策としてDPを搭載した船体に巨大なモノパイルの輸送・建て起こし・設置という一連の動作を安全でスマートに行える「ULSTEIN U-STERN」という船舶設計ソリューションを導入。

スポンサーリンク

特徴は船体のくぼみ

出典:YouTube | ULSTEIN

 大きな特徴は船尾側に施された船体の ”くぼみ”。

 掲載記事では、”くぼみ” の形状と位置はクレーンや関連する機器と調和するように数値流体力学と運動解析を考慮した上で微調整されていると述べている。

 さらに、2年以上の研究開発によりDP制御下でのモノパイル設置に関して、従来の作業船側面で設置作業をするよりも「ULSTEIN U-STERN」の方が大きな利点を得られるという。

「ULSTEIN U-STERN」の利点
  • 動作が25%減少したことによる操作性の向上
  • ”くぼみ” による優れた波の遮蔽
  • モノパイルの制御された建て起こし
  • 天候変化によるDP操作電力50%削減
  • 横方向のモノパイル輸送と建て起こしに関する港内及び洋上での課題回避

 最後に挙げられている ”横方向のモノパイル輸送” に関しては、確かに巨大なモノパイルを船体に対して横方向に積み込むとかなりの長さがオーバーハングしてしまうので危険と言えるのかもしれない。

スポンサーリンク

「ULSTEIN U-STERN」の概要動画

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました