中国からMoray West向け風力タービンタワー輸送開始

中国からMoray West向け風力タービンタワー輸送開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

中国からMoray West向け風力タービンタワー輸送開始

中国の大金重工有限公司(Dajin Offshore Heavy Industry)は、スコットランド沖で建設が進められている「Moray West Offshore Wind Farm」向けとなる風力タービンタワーの輸送を開始しました。Siemens Gamesa製の風力タービン「SG 14-222 DD」に使用されるタワーで、中国のサプライヤーとしてヨーロッパ風力市場へ納入するのは初めてとなる。

初回分の風力タービンタワーを輸送するのは、Jumbo Maritimeの重量物運搬船「Jumbo Jubilee」。AIS情報によると、2024年4月1日に山東省煙台市蓬萊区にある大金重工の生産拠点を出港。

「Moray West Offshore Wind Farm」では、設置が予定されている風力タービン60基と洋上変電所2基の基礎となるモノパイル62基のうち48基を大金重工が製造を担当しており、2023年11月に全48基の出荷が完了しています。モノパイルだけではなく、風力タービンタワーも中国で製造するというのは少し驚き。

風力タービンタワー以外のナセル、ブレードについてはそれぞれドイツのクックスハーフェン、イギリスのハルにあるSiemens Gamesaの生産拠点で製造されています。

スポンサーリンク

SEP起重機船「Wind Orca」による14MWの風力タービン設置予定

「Moray West Offshore Wind Farm」で14MWの風力タービン設置をおこなうのは、クレーンを載せ替える大規模アップグレードを完了させたCadelerのSEP起重機船「Wind Orca」。アップグレードにより最大吊り上げ能力は1,200トンから1,600トンへ増強され、揚程は132mから160mへ。

AISで位置情報を確認すると、4月4日時点ではまだデンマークのエスビャウ港に停泊しており準備中のようでした。今後の活躍が楽しみです。

船名Wind Orca
クレーン能力(メインフック)1,600トン
(補助フック)425トン
揚程160m(甲板上)
長さ160.9m
49.0m
深さ10.4m
レグ長さ105m
最大作業水深60m
ジャッキアップ
最大積載重量
11,000トン
スラスター(船尾)アジポッド 3.4MW×4
(船首)格納式アジマス 2.2MW×2
(船首)トンネル 2.2MW×2
速力13ノット
甲板スペース4,300m2
甲板強度15t/m2
DPSDP2
スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」の概要

「Moray West offshore wind farm」は、EDP Renewables と Engie の合弁会社 Ocean Winds および Ignitis Group によって開発されており、Siemens Gamesa「SG 14-222 DD」60基、洋上変電所2基の設置を計画している。変電所2基を含むすべての基礎は、モノパイルを採用。総発電容量は882MW、風力タービンの単機出力はパワーブーストにより14.7MWへ引き上げられる予定。

「Moray West offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:スコットランド沖合の北海、水深22m~57m
  • 発電容量:882MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 14-222 DD(パワーブーストにより14.7MW)、60基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年初頭
スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」に関する記事

Siemensの14MW風車が24時間出力359MWhを記録
Siemens Gamesaが英国で108mのブレード製造を開始
「Moray West」モノパイル設置にCAPEのバイブロを使用
大金重工からMORAY WEST向けXXLモノパイル3隻目出荷
重量2,000トン、MORAY WEST向けモノパイル出荷
「Moray West」で最初のモノパイル設置完了
「Moray West」向けトランジションピースがUAEを出発
CAPEの巨大バイブロ 3,245トンの負荷試験に成功
「Moray West」向け洋上変電所トップサイドがヤードを出港
「Moray West」向け洋上変電所 スコットランドに到着
中国で製造の「Moray West」向けモノパイル出荷完了
「Moray West」向け初回TPがスコットランド到着
「Moray West」で1基目の洋上変電所設置完了
Amazonが洋上風力から電力調達、コーポレートPPA締結
CAPEが「VLT 640-TRIPLE」負荷テストの動画公開
「Moray West」でバイブロハンマーによるモノパイル設置
シーメンス・ガメサが「Moray West」向けブレード運搬開始
「Moray West」向けとなる14MW風力タービンナセル生産
SEP船「Wind Orca」アップグレード完了、4月に稼働予定
中国からMoray West向け風力タービンタワー輸送開始
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む