Cadelerが2隻目となるF-classのSEP起重機船を発注

cadelerが2隻目となるF-classのSEP起重機船を発注起重機船-世界

 Cadelerは2022年5月に発注した吊り上げ能力2,600トン以上のクレーンを搭載したSEP起重機船に続いてF-classの2隻目を発注。同社はO-classと呼ばれる1,200トン吊りのSEP起重機船2隻を保有しており、これまでに2,600トン吊りのX-Class 2隻、F-class 1隻をすでに中国の造船所に発注している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cadelerが2隻目となるF-classのSEP起重機船を発注

 2022年11月22日、CadelerはプレスリリースでF-class 2隻目となるSEP起重機船の建造を発注したと発表。保有しているO-classと呼ばれる1,200トン吊りのSEP起重機船2隻「Wind Orca」、「Wind Osprey」、すでに発注している新造船のX-Class 2隻、F-class 1隻と合わせて6隻目のSEP起重機船となる。

 建造を予定している新造船の完成予定はそれぞれ以下の通り。

 X-class、F-classのSEP起重機船 完成予定 
  • X-class ・・・ 2024年後半、2025年前半
  • F-class ・・・ 2025年末、2026年後半
Cadelerのプレスリリース

 既存の保有船2隻に対して6隻目の建造なので3倍。

Cadeler triples fleet after ordering second hybrid jack-up installation vessel

(Cadelerは、2番目のハイブリッドジャッキアップ設置船を注文した後、艦隊を3倍にします)

Cadeler triples fleet after ordering second hybrid jack-up installation vessel

短期間で基礎設置船からタービン設置船に転換する独自のハイブリッド設計

F-classのSEP起重機船 風車タービン設置(手前左)、基礎設置(手前右)
出典:CADELER

 前から気になっているF-classのSEP起重機船の特徴について。

 Cadelerが建造予定のF-classは、その特徴として短期間で基礎設置船から風車タービン設置船に転換できる独自のハイブリッド設計があるそうです。ただ、その詳細についての記載は無く、実際どのような機能が備わっているのかは不明。

unique hybrid design allowing the vessel to convert from being a foundation installation unit to a wind turbine generator installation vessel within a short period of time

(短期間で基礎設置ユニットから風力タービン設置船に転換できる独自のハイブリッド設計)

 画像で確認する限り、船の設備に大きな違いがあるようには見えません。清水建設が建造した「Blue Wind」のように伸縮するテレスコピッククレーンでもなさそう。

 違いを挙げるとすれば、自船の甲板上に搭載しているブレードのラックとモノパイルのラック。実作業を考えると必要な事なんでしょうけど、1つの現場で基礎設置 → 風車タービン設置に切り替える回数は、ほぼ1回しかないので強調してアピールするようなポイントでは無いような気がします。何か違う特徴のことを言っているように思えるんですが、結局わかりませんでした。

 建造が進んでくれば分かると思うので、それまで待つことにします。

既存のO-class 2隻もアップグレードする予定

 CADELERは保有するSEP起重機船「Wind Orca」、「Wind Osprey」のクレーンを2024年初頭までにアップグレードすることを発表しています。現状では両船とも1,200トン吊りのクレーンを搭載していますが、それぞれ1,600トン吊りにアップグレードする予定。揚程(甲板上から)は、132mから160mになるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました