☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

清水建設が完成した世界最大のSEP起重機船を公開

清水建設が完成した世界最大のSEP起重機船を公開 起重機船、クレーン船

 2022年10月5日、清水建設は兵庫県相生市にあるジャパンマリンユナイテッドで完成したSEP起重機船「BLUE WIND」を公開した。搭載されているクレーン能力は2,500トン吊り。SEP起重機船としては世界最大。

スポンサーリンク

ついにSEP起重機船「BLUE WIND」完成!!

 ついに完成しました。以前からアナウンスでも2022年10月完成予定とされていたので順調に建造作業は進んだようです。

船名BLUE WIND
クレーン能力2,500トン
揚重高さ(2,500トン仕様)116.5m
揚重高さ(1,250トン仕様)158.5m
長さ142m
50m
深さ11m
喫水6.2m
総トン数28,000トン
DPSDP2
搭載可能重量10,000トン
デッキ強度10t/m2
デッキスペース4,600m2
レグ長さ90m(最大109m)
スパッドカン160m2
アジマススラスター3,800kw(5,167ps)×3
3,200kw(4,351ps)×1
トンネルスラスター3,200kw(4,351ps)×2
最大航行速度11ノット
最大乗船人数130名

 国内最大、いや世界最大のSEP起重機船「BLUE WIND」。搭載されているクレーンの吊り上げ能力は2,500トン。

2,500トン吊りのSEP起重機船は世界最大!?

 新造SEP船というだけでも現状の日本国内では珍しい存在ですが、やっぱり一番の特徴はその巨大なクレーン。現在、世界で稼働しているSEP起重機船を調べると2,500トン吊りのクレーンを搭載している「BLUE WIND」は世界最大。厳密に言うと世界最大タイ。中国に同じ2,500トン吊りのSEP起重機船が1隻います。

現時点で稼働している世界の大型SEP起重機船

 現状では世界最大の「BLUE WIND」ですが、世界的に見ると洋上風力業界において設置される風車は大型化を続けており、それに伴って大型のSEP起重機船のほうも建造ラッシュが続いている。なので「BLUE WIND」の世界最大は短命に終わる模様。

建造中の世界のSEP起重機船

 現在、建造中の世界の大型SEP起重機船。と日本のSEP起重機船。

伸縮するクレーンブーム

クレーンブームを伸ばした状態でブレード取付を行う「BLUE WIND」
出典:SHIMIZU CORPORATION

 搭載されているクレーンには大きな吊り上げ能力に加えて伸び縮みするテレスコピッククレーンという特徴がある。

 揚程が必要な風車タービンの設置作業ではブームを伸ばして揚程を確保、最大で158.5m、吊り上げ能力は1,250トン。逆に風車タービン設置に比べて揚程が必要ない風車基礎の設置では、ブームを縮めた状態で最大吊り上げ能力2,500トンという性能を発揮。15MW級の風車設置が可能。

風車資材の搭載能力も世界最大級

 大きな船体の甲板スペースは4,600m2。8MW級の風車資材を一度に7基分、12MW級だと3基分の全資材を自船の甲板上に搭載可能。資材をストックする港の岸壁と設置海域との移動回数を減らすことで工期短縮につながる。

 清水建設に掲載されている情報によると予備日を含めて8MW風車7基を10日、12MW風車3基を5日で設置可能らしい。

国内では珍しい自航式クレーン船

 「BLUE WIND」は国内では珍しい自航式クレーン船。

 国内で稼働している99.9%、ほぼすべての起重機船・クレーン船は非自航式。航行するための推進器を搭載していないので移動する時にはボートで曳航する必要がある。その点、自航式の「BLUE WIND」は一般的なクレーン船に比べて機動性は格段にあがる。

 一方で船舶に該当するので総トン数や航行区域に準じた海技免状を保有する船員が乗船する必要があり、船体の検査に関してもクレーン検査だけではなく定期検査、中間検査といった船舶安全法に準じた船舶検査が義務付けられる。

母港は北海道の室蘭港

 2022年7月13日に清水建設が発表したプレスリリースによると「BLUE WIND」の母港は2023年4月1日から室蘭港。期間は5年間で、室蘭市と清水建設との合意により延長する可能性あり。

初仕事は富山、そして石狩へ

 「BLUE WIND」の今後の予定は、場所を広島の江田島に移して習熟訓練。その後、富山県下新川郡入善町で建設予定の洋上風力で、3MW風車3基の基礎と風車組立。そして、2023年春以降に石狩湾新港洋上風力発電施設で8MW風車14基の設置という流れになっている。

 今後の活躍に目が離せません。

スポンサーリンク

SEP起重機船「BLUE WIND」に関する記事

中国のニュース記事で日本の洋上風力設置船について報じる内容
台湾の雲林洋上風力で2024年の設置作業スタート、年内完了予定
【ガイアの夜明け】SEP船「BLUE WIND」風車設置に密着
北海道の「石狩湾新港洋上風力発電所」商業運転開始
「BLUE WIND」と同型船「SEAWAY VENTUS」完成
台湾の雲林洋上風力で年内作業終了、「BLUE WIND」帰国?
「BLUE WIND」施工の「入善洋上風力発電所」運転開始
⽯狩湾新港洋上風⼒で8MW風力タービン14基設置完了
清水建設のSEP船「BLUE WIND」来年2月から台湾で施工
石狩湾新港で建設中の洋上風車、8月中に設置完了は厳しい?
「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近
石狩湾新港 SEP船「BLUE WIND」によるタービン設置開始
SEP船「BLUE WIND」石狩湾新港へ向け室蘭港を出港
国内最大のSEP船「BLUE WIND」母港の室蘭港に初入港
石狩湾新港洋上風力で工事本格化、現場の様子を報道公開
入善洋上風力で「BLUE WIND」が使用した巨大油圧ハンマー
入善洋上風力「BLUE WIND」による風力タービン設置開始
SEP船「BLUE WIND」 ⼊善洋上⾵⼒の洋上風車建設に着手
入善町沖洋上風力で設置する明陽智能の風力タービンが天津港を出港
SEP起重機船吊り上げ能力ランキング【世界TOP8】
清水建設のSEP船「BLUE WIND」初任務へ向け いざ日本海へ
富山県入善町沖で使用するモノパイルが完成し中国から出荷
Channel Japanで清水建設のSEP船を紹介する動画公開
清水建設のBLUE WINDがChannel Japanに登場
清水建設がSEP起重機船「BLUE WIND」のテレビCMを公開
富山県の入善沖で使用する中国の洋上風車 適合性評価を完了
清水建設が完成した世界最大のSEP起重機船を公開
洋上風力タービンのブレード設置効率を向上させる目的のSEP船を発表
石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事に着手
清水建設が建造中の「BLUE WIND」に45mの伸縮ギャングウェイ設置
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。