☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Huismanが「Aegir」のクレーンをアップグレード

Huismanが「Aegir」のクレーンをアップグレード 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

Huismanがクレーン船「Aegir」のアップグレード契約獲得

Huismanのプレスリリース【2023年11月24日掲載】

Huisman to upgrade Heerema Aegir’s Offshore Mast Crane

(Huisman、Heerema Aegirのオフショアマストクレーンをアップグレード)

https://www.huismanequipment.com/en/media_centre/press_releases/163-203_Huisman-to-upgrade-Heerema-Aegir-s-Offshore-Mast-Crane

2023年11月24日、Huisman は Heerema Marine Contractors の5,000トン吊りクレーン船「Aegir」に搭載されているクレーンのアップグレード契約を獲得したと発表。

アップグレード内容は、現在2,000トン吊りの2番ホイストの吊り上げ能力を3,200トンに増強し、揚程は110mへ。「Aegir」で施工することが多いジャケット設置作業に適したアップグレードになるという。アップグレード時期については記載がありませんでした。

2012年の建造当時、クレーン船「Aegir」に搭載されていたHuisman製クレーンの最大吊り上げ能力は4,000トンでした。そして、2021年4月に完了したアップグレードによって、4,000トン吊りから5,000トン吊りへ増強されています。

出典:Heerema
2021年に完了したクレーン船「Aegir」アップグレード内容
  • メインホイストの能力を4,000トン→5,000トン
  • 2番ホイスト(2,000トン吊り)をジブの高い位置へ設置
  • 補助ホイストを750トン→1,000へ
  • デッキスペース拡張
  • バブルカーテン施工最適化のため冷水配管システム変更

 5,000トン吊りクレーン船「Aegir」の概要

船名Aegir
クレーン能力5,000トン
長さ211m
46m
DPSDP3
建造年2012年
5,000トン吊りクレーン船「Aegir」
出典:Heerema

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました