シチリア島沖でコンテナ船と貨物船の衝突事故、衝突により船体に穴

シチリア島沖でコンテナ船と貨物船の衝突事故、衝突により船体に穴 事件・事故
スポンサーリンク

シチリア島沖でコンテナ船と貨物船の衝突事故

2隻の衝突位置

2024年4月22日、イタリアのシチリア島パッセロから約22km沖合の海上でコンテナ船「EF OLIVIA」と貨物船「HAYRIYE ANA」が衝突する事故が発生。

イタリア沿岸警備隊(Guardia Costiera)のX投稿によると、衝突した2隻の船舶は巡視船と航空機による監視・護衛のもとシチリア島のアウグスタへ到着。事故による乗組員のケガや環境被害などは報告されていないという。

事故当時、コンテナ船「EF OLIVIA」はシチリア島のアウグスタへ入港予定で、貨物船「HAYRIYE ANA」はトルコのイスタンブールから地中海を抜けてスペインのア・コルーニャへ向かっていた。

イタリア沿岸警備隊(Guardia Costiera)のX投稿翻訳

【2024年4月22日13:17(イタリア現地時間) 投稿】

カーポ・パッセロから14マイルの海上で、リベリアの貨物船とポルトガルのコンテナ船が衝突。 沿岸警備隊は救助と環境監視の場合に介入するために海軍艦船、ヘリコプター、Atr42を派遣した。 2籍の船舶は現在シチリアの海岸に向かって航行しています。

【2024年4月22日22:03(イタリア現地時間)投稿】

シチリア島沖で海難事故に遭った2隻の船は、巡視船に護衛され、 沿岸警備隊の航空機による監視を受けてオーガスタに無事到着した。 乗組員への影響や海洋環境への被害はありません。

X | Guardia Costiera(@guardiacostiera

貨物船の船首とコンテナ船の右舷側が衝突

イタリア沿岸警備隊がXに投稿した映像を見る限り、貨物船「HAYRIYE ANA」の船首とコンテナ船「EF OLIVIA」の右舷が衝突したことが分かる。

コンテナ船「EF OLIVIA」は衝突により船体に穴が空き、ブクブクと海面上に空気が上がってきていることから一部浸水しているのが確認できます。

コンテナ船「EF OLIVIA」

船名EF OLIVIA
総トン数35,881トン
長さ220m
32m
船籍ポルトガル
建造年2006年
コンテナ船「EF OLIVIA」
出典:MarineTraffic | Ray Hensel

貨物船「HAYRIYE ANA」

船名HAYRIYE ANA
総トン数6,550トン
長さ118m
18m
船籍リベリア
建造年2009年
貨物船「HAYRIYE ANA」
出典:MarineTraffic | Ender Çapkn

事故を起こした2隻のAIS情報

👆上の画像はコンテナ船「EF OLIVIA」と貨物船「HAYRIYE ANA」の航跡データ。それぞれ、航跡の開始時刻はイタリア現地時刻で2024年4月22日06:00。2隻の航跡データを重ね合わせたものが👇下の画像。

コンテナ船「EF OLIVIA」と貨物船「HAYRIYE ANA」 の航跡データを重ね合わせたもの

貨物船「HAYRIYE ANA」はトルコから地中海を抜けるために西へ向かって約10ノットの速力で航行しており、コンテナ船「EF OLIVIA」はシチリア島のアウグスタ入港へ向けた時間調整なのか漂泊中1.5ノット程度の速さで南西方向へ流されている時に衝突。時刻は現地時間で昼前の11時頃。

AIS情報からは単純に貨物船「HAYRIYE ANA」がコンテナ船へ突っ込んでいるように見えますが、衝突に関する詳細情報は明らかにされていないので不明。コンテナ船の右舷側に衝突していることから、「EF OLIVIA」は漂泊中に左舷後方へ流されており、貨物船「HAYRIYE ANA」が自船の針路上まではコンテナ船が流されて来ないだろうと過信し、見張りを怠っていた可能性はあるかもしれません。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました