☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

陸自ヘリ事故 引き揚げた機体からフライトレコーダー回収

陸自ヘリ事故 引き揚げた機体からフライトレコーダー回収 事件・事故
スポンサーリンク

陸自ヘリ事故 大型ネットで機体主要部を引き揚げ

 沖縄県宮古島周辺で陸上自衛隊員10人が乗ったヘリコプターが消息を絶った事故で、5月2日昼前に日本サルヴェージの「航洋丸」が大型ネットに包まれた状態の機体を引き揚げた。「航洋丸」の甲板上に引き揚げられた機体は、激しく損傷しており原形をとどめないほどバラバラに。

 甲板上の広げられた大型ネットを上空から撮影した画像では、中央にヘリ下面の日の丸が描かれた部分があり、増槽ぞうそうと呼ばれる一見ミサイルのような外観の増設燃料タンクや機体後部の側面にある日の丸も確認することが出来た。陸上自衛隊によると機体の主要な部分は、ほぼ引き揚げたという。

陸上自衛隊の多用途ヘリコプター「UH-60JA」
出典:Wikipedia | Toshinori baba – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0リンクによる
「UH-60JA」
出典:Wikipedia | Rikujojieitai Boueisho(陸上自衛隊 / Japan Ground Self-Defense Force), CC 表示 4.0, リンクによる
スポンサーリンク

引き揚げた機体からフライトレコーダー回収

 引き揚げた機体からはフライトレコーダーが回収された。陸上自衛隊は今後、詳しく分析を行い事故原因の究明を進めるとしているが、解析には数カ月かかるという。

 機体の周辺ではこれまでに6人の遺体が収容され、うち5人は隊員と確認されている。今後も行方不明となっている隊員の捜索とともに、事故原因の究明が進み、同様の事故が起きないよう早期に対策を講じることが望まれる。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました