☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

MSCポエシア世界クルーズへ出港、安全上の問題により紅海を回避

MSCポエシア世界クルーズへ出港、安全上の問題により紅海を回避 船舶
スポンサーリンク

「MSC Poesia」イタリアを出港し、121日間の世界クルーズ開始

2024年1月5日、クルーズ船「MSC Poesia」はイタリアのジェノヴァ(Genova)を出港し、121日間に及ぶ世界クルーズをスタートさせました。このクルーズは5月初旬に到着予定のバルト海に面したドイツのヴァーネミュンデ(Warnemünde)が最終目的地になっており31の国と地域、合計50の目的地を訪問する予定。

しかし、発表されたクルーズ航路は紅海付近で最近起きている安全上の問題から変更されたという。コンテナ船やタンカーなど世界の物流を支えている商船は、紅海を通らないルートへ航路変更するなど各社の対応が報じられていますが、クルーズ船についても例外ではなく、同様に安全保障上の問題が課題となっているようです。

船名MSC Poesia
総トン数92,627トン
載貨重量トン10,561トン
長さ294m
32m
高さ59m
定員 乗客:3,223人
乗組員:1,039人
速力23ノット(最大)
建造年2008年
クルーズ船「MSC Poesia」
出典:FleetMon | kl@us
スポンサーリンク

紅海を通航しないルートに変更されたクルーズ航路

クルーズ船「MSC Poesia」で予定されていた世界クルーズの当初予定では、スエズ運河を通り紅海を通航する航路になっていますが、変更された航路を確認するとイタリアを出港した後、いくつかの寄港地を経由してジブラルタル海峡を通り地中海から大西洋へ。その後、アフリカ大陸西側を南下してナミビアのウォルビス・ベイ(Walvis Bay)に寄港。それ以降は当初予定とほぼ同じルートになっているようです。

クルーズ航路変更によってエジプト、ヨルダン、サウジアラビアへの寄港が取り消されています。

攻撃される恐れがある紅海周辺の海域を通航するクルーズ船に乗船しようと思う人はいないはず。もし、クルーズ航路を変更していなくても多くのキャンセルが予想される。紅海周辺のクルーズ船が寄港していた港での経済効果やスエズ運河の通航量減少など経済的にマイナスの影響が及ぶ範囲は想像以上に広そうです。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました