明陽智能が22MW洋上風力タービン「MySE 22MW」発表

明陽智能が22MW洋上風力タービン「MySE 22MW」発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

明陽智能が22MW洋上風力タービン「MySE 22MW」発表

2023年10月17日から3日間という日程で開催された「China Wind Power 2023」の中で、中国の風力タービンメーカー明陽智能(MINGYANG SMART ENERGY)は、出力22MWの洋上風力タービン「MySE 22MW」を発表。

現在、世界のタービンメーカーが開発を発表している最大容量は18MWなので、20%以上の大型化。大きな出力を生み出すためのローター直径と呼ばれる風車の羽根が回転する面積は、大台の300mを突破して310m以上になるという。

「China Wind Power 2023」では、「MySE 22MW」と一緒に陸上の風力タービンモデル「MySE 11-233」も発表されました。こちらのローター直径は233m~243m、タワーの高さは130m~200m。約1,300世帯が使用する1ヶ月分の電力を1日で発電することが出来るそうです。算出に使用されている1世帯当たりの使用電力量が記載されていないので何とも言えませんが、年間に換算すると約4万世帯分になるので、結果が過大になるような数値を採用している可能性がありそう。

2024年から2025年の間に開発予定

明陽智能がLinkedInへ投稿した内容によると、中国の北京にある中国国際展示センターで開催された「China Wind Power 2023」において発表された「MySE 22MW」は、2024年から2025年の間に開発される予定。

カーボンファイバー製のブレードを備えた「MySE 22MW」は強度、重量、耐食性の最適なバランスを実現し、平均風速8.5m/s~10m/sの強風地域向けに調整されているという。ローター直径は310m以上で超巨大サイズ。そして台風に強い設計となっており、着床式・浮体式という両方の用途で設置が可能。

スポンサーリンク

世界の風力タービンメーカーが開発中のタービン

メーカー明陽智能明陽智能中国海装中国長江三峡集団
Goldwind
VestasSiemens GamesaGE
型式MySE 18.X-28XMySE 16-260H260-18MWCTG/Goldwind
252-16 MW
V236-15.0MWSG 14-236 DDHaliade-X
14.7MW-220
発電容量18MW以上16MW18MW16MW15MW14MW14.7MW
ローター直径280m以上260m260m252m236m236m220m
ブレード長さ140m?123m?115.5m115m107m
受風面積61,575m253,902m253,000m250,000m243,742m243,500m2
年間発電電力量80GWh /年67GWh /年74GWh /年66GWh /年約80GWh /年76GWh /年
世界のタービンメーカーが開発中のタービン

 ”世界最大に関する一覧”の中で各タービンメーカーに関する記事リンクを掲載

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました