大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延

大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延 国内ニュース
スポンサーリンク

大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延

 これはちょっと残念な情報。

 大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトの肝心要となる本体がトラブルにより納期が大幅に遅れるという。報道されている情報によると、船体を浮上させる「リフトファン」の動作確認試験をしていたところ、試験台への固定が甘く外れて破損。1隻のホーバークラフトに「リフトファン」4基を取り付ける設計で、破損したのは1基だけですがファン自体が特注品のため、作り直す必要があるという。

 大分県には4月に部品損傷の連絡があり、現地に職員を派遣して確認したところ「リフトファン」を再度製作すると納期が当初予定より2カ月遅れることが分かったそうです。このため、1隻目の納期が7月20日から約2カ月、2隻目は10月12日から約1カ月ずれ込む見通し。3隻目は2024年1月18日で変更はないという。

スポンサーリンク

納期遅延で2023年度中の運航開始も遅れる可能性

 ホーバークラフトの船体は、大分県が保有し、運航については事業者に選定された第一交通産業株式会社が2022年10月に設立した大分第一ホーバードライブ株式会社が行う。新規事業に伴い、操縦士や整備士を募集しており、当初の予定では操縦士の訓練を8月下旬から開始する予定でしたが納期が遅れることで10月に延期。操縦士1人につき140時間の訓練時間を確保する必要があることから、今年度中の運航開始には間に合わない可能性があるとしている。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました