横浜でメタノール燃料コンテナ船「Astrid Maersk」命名式

横浜でメタノール燃料コンテナ船「Astrid Maersk」命名式 船舶
スポンサーリンク

横浜でメタノール燃料コンテナ船「Astrid Maersk」命名式

横浜港でおこなわれたコンテナ船「Astrid Maersk」の命名式
出典:A.P. Moller – Maersk

2024年4月4日、横浜港でMaerskのメタノール燃料に対応した全長約350mのコンテナ船「Astrid Maersk」の命名式がおこなわれました。日産自動車の内田社長夫人がGodmotherとなり命名されたコンテナ船「Astrid Maersk」の命名式には、MaerskのVincent Clerc CEOや横浜市長が列席。

今後は、アジアとヨーロッパを結ぶ航路で主に自動車部品を輸送。メタノール燃料船により自動車部品などのサプライチェーンにおいて脱炭素化が期待されるという。

コンテナ船「Astrid Maersk」は、2024年から2025年の間にMaerskが納入を予定している1万6000TEU型以上の大型メタノール二元燃料船18隻のうち2隻目にあたり、この他にも2,100TEU型1隻、9,000TEU型6隻を加えた25隻のメタノール二元燃料コンテナ船を建造予定。建造場所は、9,000TEU型が中国、それ以外は「Astrid Maersk」も含めて韓国で建造。

MaerskのVincent Clerc CEOは、海上輸送のエネルギー転換に向けた重要な一歩とした上で、グリーンサプライチェーン実現のために重要なのは、化石燃料とグリーン燃料の価格差を縮め、公平な競争条件を確保するための国際海事機関(IMO)による世界的な規制が必要であると述べています。

船名Astrid Maersk
総トン数167,090トン
コンテナ積載容量16,200TEU
長さ349.2m
53.5m
船籍デンマーク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました