ホーバーターミナルの通称「ホボッタ」 1隻目は7月下旬に大分到着

ホーバーターミナルの通称「ホボッタ」 1隻目は7月下旬に大分到着 国内ニュース
スポンサーリンク

名称は「ホーバーターミナルおおいた」、通称「ホボッタ」

ホーバークラフト旅客ターミナルの完成イメージ(大分港西大分地区)
出典:大分県

 2023年5月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトについて、大分県はターミナルの名称とロゴを発表しました。ターミナルの名称は「ホーバーターミナルおおいた」、通称は「ホボッタ」(HOV.OTA)。

 「ホボッタ」という通称が付けられたホーバークラフトの旅客ターミナル施設は、「フェリーさんふらわあ」発着場の向かい側に位置する大分市駄原で建設が進められており、2023年12月に完成予定。ターミナル棟、艇庫棟、約500台分の立体駐車場などが建設される予定で、ターミナル棟の屋上には展望台があり、長さ約150mのスロープ状の屋根を歩いて登ることができる構造になっている。

スポンサーリンク

1隻目のホーバークラフト「Baien」は7月下旬に大分到着予定

1隻目のホーバークラフト「Baien」
出典:大分県

 運用されるホーバークラフトは3隻で、すべてイギリスのGriffon Hoverworkで建造が行われている。2022年1月に建造開始され、3隻すべてのホーバークラフトが納入されるのは2024年1月の予定ですが、報道されている情報によると1隻目の「Baien」が7月下旬に大分に到着するという。

 Griffon Hoverworkの建造施設があるイギリスのポーツマスから日本の大分までの距離はおよそ2万km、地球半周分に相当する。運搬時は自航式の重量物運搬船に積載して運ぶものと思いますが、その道のりは非常に長いものになります。だいたいどのくらいかかるか計算してみることに。平均速力は10ノットとして計算。

20,000km ÷ 1.852km ≒ 10,800マイル(kmをマイルに換算)

10,800マイル ÷ 10ノット = 1,080時間(平均10ノットで航行した時の所要時間)

1,080時間 ÷ 24時間 = 45日 = 1ヶ月半

 運搬にかかる所要日数は45日、1ヶ月半かかるという結果に。実際は経由地に寄港したり、天候による影響も考えられるので前後する可能性がありますが、7月下旬に大分に到着するには、5月末から6月初旬にはイギリスを出港する可能性が高そう。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました