☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

クルーズ船が修理場所へ向かうため象徴的なファンネルを一時撤去

クルーズ船が修理場所へ向かうため象徴的なファンネルを一時撤去 船舶
スポンサーリンク

クルーズ船が修理場所へ向かうため象徴的なファンネルを一時撤去

アメリカのマイアミに本拠を置くクルーズ会社カーニバルクルーズライン(Carnival Cruise Line)が運航するクルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」で少し困った事態が起きているという。

2019年12月に就航した全長323mの大型クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」では2023年11月初旬に操舵および推進装置にトラブルが生じ、航行速力が大幅に低下するという現象が起きていた。復旧には修理が必要でしたが定期修繕ではなくスポット的な臨時修理であったため、大きな船体を収容するドックは限られており少ない候補場所から選定作業がおこなわれ、オレゴン州のポートランドにある造船所Vigorで修理が可能になりました。

修理可能な造船所は見つかりましたが、ここで大きな問題が発生。修理をおこなうオレゴン州ポートランドにある造船所Vigorへはコロンビア川を約165km(約90海里)上流へさかのぼる必要があり、その経路上にはいくつかの橋が架かっている。どの橋が影響しているのかは分かりませんが、クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」のエアドラフトでは桁下制限により通航が出来ないという。

この問題を解消するために選択された方法は、クルーズ船のファンネル(煙突)を一部撤去して水面上高さを下げるというもの。そして現在、カナダのビクトリアでファンネルを一部撤去するための作業がおこなわれているようです。

クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」の現在地
ファンネル撤去用の足場が組まれている
出典:Greater Victoria Harbour Authority
船名CARNIVAL PANORAMA
総トン数133,500トン
長さ321.56m
37.19m
速力18ノット
旅客定員5,146人(最大)
船籍パナマ
建造年2019年
クルーズ船が修理場所へ向かうため象徴的なファンネルを一時撤去
クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」
出典:FleetMon | master1963
スポンサーリンク

12月23日にはクリスマスクルーズを予定

もうすぐ11月も終わるという段階ですが、クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」は12月23日出発のクリスマスホリデークルーズの予定が入っているという。残り1ヶ月も無い状態。

カナダのビクトリアからオレゴン州のポートランドまでの往復とビクトリアからロングビーチまでの回航だけでも半月くらいは必要になりそう。それに加えて本来の目的である操舵および推進装置の修繕とその後のファンネル復旧という作業をこなさなければならない。クリスマスクルーズは一部ファンネルを撤去した状態で運航する可能性もあるのでしょうか・・。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました