SEP船「Aeolus」アップグレード ジブレスト設置

SEP船「Aeolus」アップグレード ジブレスト設置 起重機船、クレーン船

 オランダのロッテルダムで行われているSEP起重機船「Aeolus」の133mブームにアップグレードする作業で新しいジブレストが設置されました。

スポンサーリンク

SEP船「Aeolus」アップグレード ジブレスト設置

 ロッテルダムにあるDamen Shipyardで行われている1,600トン吊りSEP起重機船「Aeolus」のアップグレードで新しいジブレストが設置されました。1週間ほど前に「HEBO LIFT 10」による長さ133mのクレーンブーム設置が行われており、そのブームを格納するための新しいジブレスト。SEP起重機船「Aeolus」のアップグレードは、2023年初頭に完了する予定。

「Matador 3」によるジブレストの設置
出典:Bonn & Mees

 設置作業を行ったは、Bonn & Meesが所有する1,800トン吊り起重機船「Matador 3」。日本の大型起重機船と同じジブ固定式で、非自航式。

 起重機船「Matador 3」はメインジブの長さが50.3mで、その上に33mのフライングジブを搭載。メインジブ先端には、450トン吊りのフックブロックが4つあり、最大吊上げ能力は1,800トン。フライングジブ先端には450トン吊りのフックブロックが2つで最大900トンの吊り上げ能力。

 係留設備は、38mmのワイヤーを仕込んだ30トン巻きのウインチが船首・船尾に各2台ずつの4台と船首側には24mmのワイヤーを仕込んだ15トン巻きのウインチが2台搭載されている。

 クレーンジブのカラーリングが洗練された感じを醸し出すスタイリッシュな起重機船。

1,800トン吊り起重機船「Matador 3」の概要

1,800トン吊り起重機船「Matador 3」
出典:Bonn & Mees
船名Matador 3
クレーン能力1,800トン
長さ70m
32m
深さ6m
建造年2002年
スポンサーリンク

アップグレード前のジブレストとの違い

アップグレード前のSEP起重機船「Aeolus」
出典:Van Oord

 今回のSEP起重機船「Aeolus」でアップグレードするクレーンブームの形状は、以前のものと比べて大きな違いがあります。以前は幅が広いジブの形状で、格納時にはジブの間にレグが収まるような形状でしたが、アップグレード後はレグとレグの間にブームを格納するようになるみたい。なので、新しいジブレストは船体中央付近に設置されています。

「Aeolus」の船体中央付近にジブレストを設置
出典:Bonn & Mees

 👆上の画像では、少し遠くて見えづらいですが前回記事で紹介したジブレストの代用として用意されている鋼製の架台で新しいクレーンブームを受けているのも確認できます。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました