☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,200トン吊りSEP船の同型船「华夏金租神大02」進水

1,200トン吊りSEP船の同型船「华夏金租神大02」進水 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,200トン吊りSEP船の同型船「华夏金租神大02」進水

 2023年6月2日、江蘇省南通市にある南通港闸船舶制造有限公司で建造している1,200トン吊りSEP起重機船「华夏金租神大02」(hua xia jin zu shen da 02)の進水式が行われたそうです。

 最近、メインクレーンの搭載を開始した「华夏金租神大01」と同型船で、建造する場所は違いますが2022年8月のほぼ同じ日に建造を開始。その起工式以降、建造進捗情報がありませんでしたが1番船から遅れること約1.5カ月で進水。

同型船2隻の起工式
スポンサーリンク

SEP船「华夏金租神大02」の概要

 同型船なので船体仕様は1番船とほぼ同じになっている。船体寸法は、全長106.6m、幅44.2m、深さ8.45m。搭載されるクレーン能力は、1,200トンのメインクレーンと300トンの補助クレーンで、どちらもLEC(Leg Encircling Crane)を採用。最大揚程は甲板上から150m、水面上から185m。16MWの風力タービン設置ができるという。

 船体仕様以外で違う点として、船体の船尾側に描かれている船籍港が「华夏金租神大01」は広州港(GUANG ZHOU GANG)ですが、「华夏金租神大02」は上海港(SHANG HAI GANG)になっていました。

船名华夏金租神大02
クレーン能力1,200トン(メイン)
300トン(補助)
長さ106.6m
44.2m
深さ8.45m
レグ長さ110m
作業水深60m(最大)
宿泊設備90人
プロペラアジマス 2,000kW×2(船尾)
トンネル 1,500kW×2(船首)
DPSDP-1
1,200トン吊りSEP起重機船船「华夏金租神大02」の概要

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました