Jan De Nulの次世代洋上風車設置船が完成

Jan De Nulの次世代洋上風車設置船が完成起重機船-世界

 Jan De Nulが中国のCMHI Haimen造船所で建造していた5,000トン吊りクレーンを搭載した自航式クレーン船の引き渡しが行われ、ヨーロッパに向けて出港。SEP船以外の洋上風車設置船としてはDEMEが所有する「ORION」と並び世界最大のクレーン能力で今後の活躍に期待が高まる。

スポンサーリンク

Jan De Nulの次世代洋上風車設置船「Les Alizés」完成

 2023年1月19日、Jan De NulがCMHI Haimen造船所で建造していた自航式のクレーン船「Les Alizés」がヨーロッパへ向けて中国を出港。2020年12月に”First steel cutting”、2022年1月に進水、2023年1月16日に引き渡しが行われていた。

 今後はヨーロッパに到着すると、ドイツの Gode Wind 3 と Borkum Riffgrund 3 で洋上風車基礎106本と洋上変電所基礎1本の計107本のモノパイル設置と洋上変電所トップサイド設置が予定されている。

スポンサーリンク

「Les Alizés」の概要

5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」
出典:Jan De Nul

 「Les Alizés」に搭載されているクレーンは信頼と実績のHuisman製。吊り上げ能力は5,000トンで先端の補助フックは1,600トン吊り。甲板上にはXXLモノパイルに対応した大型パイルグリッパーやHuisman製のユニバーサルクイックコネクタなど最新技術を取り入れた設備が搭載されています。

クレーン製造契約を締結した時の掲載画像
出典:Huisman

 特徴的なクレーンジブの形状。

 Huismanが5,000トン吊りクレーンの製造契約を締結した時に発表した記事を見るとジブはトラス式になっていましたが、実際に完成したジブは箱形。これはこれで見た目の威圧感やカクカクしたデザインといい個人的には好きです。

5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」の概要

船名Les Alizés
クレーン能力(主)5,000トン
(補)1,500トン
揚程(主)125m
(補)167m
長さ236.8m
52m
深さ16m
喫水10.5m(最大)
DPSDYNAPOS-AM/AT-R
(Class 2 相当)
載貨重量トン数61,000トン
貨物甲板面積9,300m2
甲板強度30トン/m2
アジマススラスター3,000kW×4
格納式スラスター3,250kW×2
バウスラスター2,600kW×2
最大速力13ノット
宿泊設備150人
(1×120室、2×15室)
スポンサーリンク

「Les Alizés」中国出港の様子

 2023年1月19日、中国の造船所を出港してヨーロッパへ向かう「Les Alizés」。Twitterの投稿に添付されている動画には「Les Alizés」が離桟して出港する様子が撮影されていますが、造船所だけあって周囲には他の船舶がたくさんいます。

 そこに、気になるクレーン船が2隻。

SEP起重機船「Seaway Ventus」と半潜水式クレーン船「Seaway Alfa Lift」

 2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」と3,000トン吊り半潜水式クレーン船「Seaway Alfa Lift」。「Seaway Ventus」はつい先日、進水式が行われたばかり。「Seaway Alfa Lift」は建造中の事故で引き渡し時期が延期され、2023年後半完成予定。

「Seaway Ventus」と「Seaway Alfa Lift」の関連記事
「Voltaire」出港の時は「洋翔」が映っていた

 余談ですが、同じJan De Nulの3,200トン吊りSEP起重機船「Voltaire」が中国を出港する時も、後ろには以前日本で活躍していた起重機船「洋翔」が映っていました。それだけ長江河口にある造船所周辺には作業船がたくさんいるという事なのかも。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました