☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

日本の洋上風力発電導入量 2023年末時点で187.7MW

日本の洋上風力発電導入量 2023年末時点で187.7MW 国内ニュース
スポンサーリンク

日本の洋上風力発電導入量 2023年末時点で187.7MW

2024年2月2日、一般社団法人日本風力発電協会(JWPA,Japan Wind Power Association)は2023年12月末時点における速報ベースの日本国内風力発電導入量を掲載しました。

掲載されている報告内容によると陸上・洋上を合わせた2023年の新規導入量は、24サイトで572.3MW(158基)。2023年に4サイト、84.9MW(72基)が撤去されており、2022年末時点と比較すると増加導入量は487.4MW(86基)となっている。

洋上風力に注目してみると、2023年に運転を開始したのは、1月の秋田港洋上風力発電所(54.6MW、13基)と9月の入善洋上風力発電所(7.5MW、3基)の2箇所。合わせて62.1MWが新規導入され、累計導入量は187.7MW。石狩湾新港洋上風力発電所(112MW、14基)も運転を開始していますが、2024年1月1日からなので2023年12月末時点の導入量にはカウントされていません。

2022年12月末時点2023年12月末時点2023年の増減
本格洋上風力91.4MW(23基)153.5MW(39基)+62.1MW(+16基)
セミ洋上風力44.2MW(23基)34.2MW(18基)-10MW(-5基)
135.6MW(46基)187.7MW(57基)+52.1MW(+11基)
洋上風力のみの累計導入量

日本風力発電協会が掲載している報告では、洋上風力のうち陸上からアクセス可能な洋上風力発電設備を「セミ洋上風力」として分類し、それ以外を「本格洋上風力」として集計しているようです。

リンク先 日本風力発電協会(JWPA)

スポンサーリンク

本格洋上風力

設置区域名称合計出力タービンメーカー単機出力基数風車基礎運転開始
長崎県 五島椛島沖合崎山沖2MW浮体式洋上風力発電所(はえんかぜ)2MW日立製作所2MW1基浮体、スパー2016年4月
千葉県 銚子沖銚子沖洋上風力発電所2.4MW三菱重工業2.4MW1基着床、重力2019年1月
福岡県 北九州市沖バージ型浮体式洋上風力発電システム実証機「ひびき」3MWAerodyn engineering3MW1基浮体、バージ2019年5月
秋田県 能代港能代港洋上風力発電所84MWMHI Vestas4.2MW20基着床、モノパイル2022年12月
秋田県 秋田港秋田港洋上風力発電所54.6MWMHI Vestas4.2MW13基着床、モノパイル2023年1月
富山県 入善町沖入善洋上風力発電所7.5MW明陽智能(MingYang Smart Energy)3MW3基着床、モノパイル2023年9月
153.5MW39基
出典:日本風力発電協会【速報版】日本の風力発電導入量(2023年12月末時点)を基に一部加筆して作成
スポンサーリンク

セミ洋上風力

設置区域名称合計出力タービンメーカー単機出力基数風車基礎運転開始
北海道 瀬棚港せたな町洋上風力発電所(風海鳥)1.2MWVestas0.6MW2基着床、ドルフィン2003年12月
茨城県 鹿島港ウィンド・パワーかみす第1洋上風力発電所14MW富士重工業2MW7基着床、モノパイル2010年7月
茨城県 鹿島港ウィンド・パワーかみす第2洋上風力発電所16MW日立製作所
富士重工業
2MW8基着床、モノパイル2013年3月
秋田県 秋田港ユーラス秋田港ウインドファーム3MWSiemens3MW1基着床、ドルフィン2015年2月
34.2MW18基
出典:日本風力発電協会【速報版】日本の風力発電導入量(2023年12月末時点)を基に一部加筆して作成

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました