Van Oordがポーランドの「Baltica 2」建設契約発表

Van Oordがポーランドの「Baltica 2」建設契約発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

Van Oordがポーランドの「Baltica 2」建設契約発表

Van Oordのプレスリリース【2024年2月14日掲載】

Van Oord awarded contract for large-scale offshore wind project in Poland

(Van Oord、ポーランドの大規模洋上風力発電プロジェクトの契約を締結)

https://www.vanoord.com/en/updates/van-oord-awarded-contract-large-scale-offshore-wind-project-poland/

2024年2月14日、Van OordはØrstedとPGEがポーランドで開発を進める「Baltica 2 Offshore Wind Farm」での建設契約を締結したと発表。契約したのは拡張モノパイルの輸送と設置についてとなっており、数量は風力タービン基礎107本と洋上変電所基礎4本の計111本。

Van Oordはプレスリリースの中で、1,600トン吊りSEP船「Aeolus」、特殊杭打ち船「Svanen」そして、根固め石設置に「Nordnes」を配備すると述べています。特殊杭打ち船「Svanen」については2023年12月に大規模なアップグレード予定が発表。2024年第3四半期にはアップグレードを終えた「Svanen」による運用開始が明らかにされており、「Baltica 2 Offshore Wind Farm」での14MW風力タービン基礎設置が可能になるという。

少し気になったのは、拡張モノパイル(extended monopiles)という言い方。拡張モノパイルとは、従来のモノパイルとトランジションピースを1つに組み合わせることで作業を省略化し、設置作業をより安全に迅速化するというもの。いわゆるTPレス・モノパイルのことだと思いますが、TPレス・モノパイルは商品名なのでしょうか。

1,600トン吊りSEP起重機船「Aeolus」
出典:Van Oord
Van Oordがポーランドの「Baltica 2」建設契約発表
アップグレード後の特殊杭打ち船「Svanen」(イメージ図)
出典:Van Oord
スポンサーリンク

「Baltica 2 Offshore Wind Farm」の概要

「Baltica 2 Offshore Wind Farm」の概要
  • 設置位置:ポーランド ウストカとウェバの間から40km沖合のバルト海
  • 発電容量:1,500MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa 14MW、107基
  • 風車基礎:着床式、拡張モノパイル
  • 運転開始:2027年
「Baltica 3 Offshore Wind Farm」の概要
  • 設置位置:ポーランド ウェバから25km沖合のバルト海
  • 発電容量:1,000MW
  • 風力タービン:―
  • 風車基礎:着床式
  • 運転開始:2030年
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました