米国初の商用洋上風力でDEMEの「ORION」による基礎設置開始

米国初の商用洋上風力でDEMEの「ORION」による基礎設置開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

米国初の商用洋上風力でDEMEの「ORION」による基礎設置開始

 アメリカ初となる商用規模の洋上風力発電所「Vineyard Wind」で風力タービン基礎のモノパイル設置がいよいよ始まりました。作業を行うのはDEMEが所有する5,000トン吊りクレーン船「ORION」。AIS情報によると現地時間の5月28日14時頃にカナダのダートマス(Dartmouth)を出港し、5月30日の早朝5時頃に「Vineyard Wind」の設置海域に到着。

 「Vineyard Wind 1」では62基の風力タービンを設置する予定ですが、これからクレーン船「ORION」でおこなう作業の流れは、6基分のモノパイルとトランジションピースを設置した後に、洋上変電所の基礎となるジャケットの設置を行うという。その後は再度、風力タービンのモノパイルとトランジションピースを引き続き設置する工程になっているらしい。

スポンサーリンク

モノパイル打設時はBig Bubble Curtain (BBC)により騒音低減

バブルカーテンを展開してモノパイル打設を行う「SVANEN」
出典:VineyardWind

 モノパイル打設時は、海洋生物への騒音低減という目的で作業エリアの周囲にビッグバブルカーテン(BBC,Big Bubble Curtain)システムを展開し作業するという。穴の開いたホースを周囲に設置して圧縮空気を送ることで泡のバリアを作成し、打設により発生する音を減衰させ吸収する効果がある。

 OSV「ATLANTIC OCEANIC」
出典:VineyardWind

 バブルカーテン設置は、OSV「ATLANTIC OCEANIC」が行い、取り付けには2~4時間かかるという。なので、施工時の待機時間を無くすためにモノパイル打設を行う「ORION」が打設場所へ到着する前にバブルカーテンを展開し、事前準備をおこなう。

 打設作業が完了すると「ATLANTIC OCEANIC」でバブルカーテンの機材を回収し、次の打設場所へ運んで設置を繰り返す。

スポンサーリンク

「Vineyard Wind 1」の概要

「Vineyard Wind 1」の概要
  • 設置位置:マサチューセッツ州 マーサズ・ヴィンヤード島沖15マイル
  • 発電容量:800MW
  • 風力タービン:GE Haliade-X 13MW、62基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 運転開始予定:2023年
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました