「Moray West」で最初のモノパイル設置完了

「Moray West」で最初のモノパイル設置完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Moray West」で最初のモノパイル設置完了

2023年10月5日、Ocean Windsはスコットランド沖で建設中の「Moray West offshore wind farm」で最初のモノパイル設置が完了したことを発表しました。

モノパイル設置作業をおこなったのは、4,000トン吊りクレーン船「Bokalift 2」。

「Moray West offshore wind farm」の概要

「Moray West offshore wind farm」は、EDP Renewables と Engie の合弁会社 Ocean Winds および Ignitis Group によって開発されており、Siemens Gamesa「SG 14-222 DD」60基、洋上変電所2基の設置を計画している。変電所2基を含むすべての基礎は、モノパイルを採用。総発電容量は882MW、風力タービンの単機出力はパワーブーストにより14.7MWへ引き上げられる予定。

「Moray West offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:スコットランド沖合の北海、水深22m~57m
  • 発電容量:882MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 14-222 DD(パワーブーストにより14.7MW)、60基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年初頭

4,000トン吊りクレーン船「Bokalift 2」

2000年に建造され、アメリカのTransoceanが所有していた掘削船「GSF JACK RYAN」を改造し、2022年に4,000トン吊りクレーン船として誕生した「Bokalift 2」。まだクレーン船としての稼働期間は短いですが、台湾、アメリカ、そしてスコットランドと世界中を走り回って作業しているようです。

船名Bokalift 2
クレーン能力4,000トン
長さ231m
49m
深さ21m
DPSDP2
建造年2000年
4,000トン吊りクレーン船「Bokalift 2」
出典:Boskalis
スポンサーリンク

2基の洋上変電所用モノパイルを含む3基分のモノパイル積み込み

2023年10月3日にOcean Windsが掲載した情報によると、初回分としてスコットランドのインバーゴードンでクレーン船「Bokalift 2」に積み込みされたモノパイルは3基。その内2基は洋上変電所用のモノパイルが含まれているという。船上に置いてある機材の量が多く、この状態で3つのモノパイルを積んだのは驚異的。どうやって限られたスペースに3基のモノパイルを積んだのか気になりますが、積み込み後の画像は公開されていませんでした。

インバーゴードンのヤードには、使用する62基のモノパイルのうち26基が搬入されているそうです。モノパイルの大きさは長さ約80m、最大直径10m、重量2,000トン。スペインと中国の2箇所で製造されており、14基の製造をNavantia Seanergies と Windar Renovables、残りの48基は、中国の大金重工有限公司(Dajin Offshore Heavy Industry)が製造。

スポンサーリンク

モノパイル設置にはバイブロハンマーを使用

モノパイル設置にバイブロハンマーを使用する現場は今のところ世界的に見て少なく、油圧ハンマーによる施工が一般的。そんな中、”バイブロ使用”という点で「Moray West offshore wind farm」には注目しています。同様に、フランスのカルバドス洋上風力発電所も。

CAPE Holland の掲載記事【2023年5月24日掲載】

CAPE VLT-640 TRIPLE FOR BOSKALIS’ MORAY WEST MONOPILE INSTALLATION SCOPE

(BOSCALIS の MORAY WEST モノパイル設置範囲のために CAPE VLT-640 Triple)

https://capeholland.com/news/cape-vlt-640-triple-for-boskalis-moray-west-monopile-installation-scope/

2023年5月にCAPE Hollandは、「MORAY WEST」でのモノパイル設置用にBoskalisへバイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple spread」を納入する契約を獲得したことを発表しています。

バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple spread」は、「CAPE VLT-640」を3つ並べて3連仕様にしているモンスターバイブロ。そして、クレーン船「Bokalift 2」の甲板上で横倒しの状態になって運搬するモノパイルを建て起こすためのupend機能も搭載。最大重量2,000トンという巨大なモノパイルを取り扱うため、安全使用荷重は2,200トンに設定されている。偏心モーメントは640×3=1,920㎏m

CAPE Hollandの記事によると、土質条件の悪い場所でのモノパイル設置にバイブロハンマーを使用する予定ということなので、全数で使用する訳ではないという。そして、バイブロハンマーを使用する場所でも最終の打ち込みには油圧ハンマーを使用すると書かれているので、パイルランリスクの回避が目的のようです。

Ocean WindsがLinkedInに掲載した最初のモノパイルを設置する画像を確認すると、建て起こされたモノパイル上部に取り付けられているのはバイブロハンマーではないように見えるので、モンスターバイブロの登場はもう少し後のようです。

「Bokalift 2」による最初のモノパイル設置
出典:OW Ocean Winds
バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple spread
出典:CAPE Holland

日本の石狩湾新港でも CAPE Holland のバイブロハンマーを使用

型式CAPE VLT-320
メーカーCAPE Holland
偏心
モーメント
320㎏m
(32,000㎏㎝)
起振力6,853kN
(約699トン)
各大型バイブロハンマーのスペック
石狩湾新港で使用された「CAPE VLT-320
出典:CAPE Holland

CAPE Holland のバイブロハンマーは、日本で建設中の石狩湾新港洋上風力でも使用されていました。森長組の1,800トン吊りクレーン船「第一豊号」でジャケット基礎杭の打設に使用されたのは「CAPE VLT-320」。これでも日本国内で見かけるバイブロと比較すれば最大級クラスですが、偏心モーメントで言うと「CAPE VLT-640 Triple spread」の1/6。

― 石狩湾新港洋上風力の関連記事 ―

スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む