☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「ONE」も紅海経由の運航一時停止を発表

「ONE」も紅海経由の運航一時停止を発表 事件・事故
スポンサーリンク

「ONE」も紅海経由の運航一時停止を発表

ONE(Ocean Network Express)の掲載記事【2023年12月19日掲載】

PREVENTIVE MEASURES FOR NAVIGATION IN THE RED SEA

(紅海航行の予防措置)

https://www.one-line.com/en/news/preventive-measures-navigation-red-sea

2023年12月19日、ONE(Ocean Network Express)は紅海地域とアデン湾における最近の治安悪化に対応し、一時的な安全対策としてスエズ運河と紅海から船舶航路の変更を発表しました。

紅海・スエズ運河を経由する航路の一時停止に伴い、代わりに喜望峰を通航する航路へ変更するか、航行を一時停止して安全な場所へ移動させる方針。紅海周辺海域の状況を引き続き注意深く監視し、船員、船舶、および積荷にとって安全であると判断した場合には、スエズ運河を通航する航路でサービスを再開する予定だという。

ONEは今回の発表のなかで、決断した紅海経由の運航一時停止についてサービス利用者に対する不便を申し訳ないとした上で、船員の継続的な安全を確保するために講じた予防措置に理解を求めていました。直近の紅海付近で起きている事件を報道で知っている人であれば理解できると思われる。世界の貨物輸送を支える船の乗組員の方は、これまでも責任感を持って貨物輸送に携わっていたと思いますが、悪意のある攻撃に対して命を懸けてまで業務を遂行する必要はない。乗組員の方、それぞれに家族や大切な人がいることを考えると今回の決断に反対する人はいないと思う。

スポンサーリンク

「Maersk」「MSC」はすでに紅海航路を喜望峰航路へ変更

MSC(Mediterranean Shipping Company)の掲載記事【2023年12月16日掲載】

MSC PALATIUM III Incident in Red Sea – Rerouting Suez Traffic to Cape

(紅海でのMSC PALATIUM III事件 – スエズ交通のルートをケープに変更)

(2023年12月15日、コンテナ船MSC PALATIUM IIIが協定世界時9時37分頃、メッシーナ線へのサブチャーターで紅海を航行中、攻撃を受けた。 乗組員全員が負傷の報告はなく無事だが、本船は限定的な火災被害を受け、運航を停止している。)

(この事件のため、船員の命と安全を守るため、紅海航路の安全が確保されるまで、MSC船はスエズ運河の東行きと西行きを通航しません。 すでに一部のサービスは喜望峰を経由するようルート変更される予定です。)

https://www.msc.com/en/newsroom/customer-advisories/2023/december/msc-palatium-iii-incident-in-red-sea—rerouting-suez-traffic-to-cape
スポンサーリンク

紅海付近で起きた商船を標的にした事件

紅海付近で起きた商船を標的にした事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。