デッキ深度が水深21.5mまで沈み込む半潜水式バージ

デッキ深度が水深21.5mまで沈み込む半潜水式バージ船舶

 ノルウェーのBOA Offshoreが中国で建造している半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 38」が進水。重量物を搭載する時に半潜水状態になるとデッキが水深21.5mまで沈み込むという仕様。2022年12月には引き渡しが行われる予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 38」

ドックから進水した建造中の「Boa Barge 38」
出典:SHIPOE.COM

 ノルウェーのBOA Offshoreが中国の江蘇省揚州市にある舜天造船(揚州)公司で建造中の半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 38」。2021年11月に建造が開始され、2022年9月22日に進水。引き渡し予定は2022年12月の予定。

「Boa Barge 38」の概要

半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 38」
出典:BOA

 半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 38」は、2022年12月から上海-シンガポールを中心に稼働する予定。全長152m、幅38m、深さ9.15m、載貨重量トン数28,500トン、潜水時のデッキ深度21.5m、甲板強度は平米あたり35トン。

 使用用途としては、重量物の運搬、ロードアウト、フロートオフをはじめ、最大10,000トンのジャケット進水作業にも対応。

 船尾側に取り付けられている4つのフローティングタワーは取り外し可能。

デッキ深度21.5mは世界最大!?

 半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 38」は、BOA Offshoreが所有する同型船の中で最大クラス。とりわけ特徴的なのは潜水するとデッキが水深21.5mまで沈み込むところ。

 他の半潜水式重量物運搬船の潜水深度を調べてみると、世界最大っぽいです。

 世界最大の半潜水式重量物運搬船「BOKA VANGUARD」を見てみると、深さ15.5mで最大喫水が31.5mなのでデッキ深度は16m。

 他の半潜水式重量物運搬船のデッキ深度についても調査。

船名載貨重量トン数深さ潜水時の
最大喫水
デッキ深度
Boa Barge 3828,500トン9.15m30.65m21.5m
BOKA VANGUARD116,175トン15.5m31.0m15.5m
ZHEN HUA 3350,000トン13.5m28.2m14.7m
XIN GUANG HUA98,000トン14.5m30.5m16.0m
BLUE MARLIN76,061トン13.3m28.4m15.1m
デッキ深度の比較

 潜水時の最大喫水は船体の大きさが違っても30m前後。「Boa Barge 38」の船体は世界最大クラスに比べると小さいですが、最大喫水が同じくらいなので船体の深さが小さい分デッキ深度が大きくなっている感じでした。

半潜水式重量物運搬船の作業

引き揚げられたクレーン船を搭載するため潜水状態で接近する「Boa Barge 29」
出典:The Maritime Executive

 船や構造物など重量物の運搬では、浮いている状態のものを搭載するのでデッキ深度が問題になる事は少ないかもしれませんが、沈船引き揚げなどではデッキ深度が大きいと施工が容易になる場合があるような気がします。参考までにメキシコ湾での沈船引き揚げを紹介。

 BOA Offshoreが所有する半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 29」による沈没したクレーン船運搬作業。

 2017年10月22日にメキシコ湾で荒天により沈んだクレーン船「DB1」の引き揚げは1,400トン吊りクレーン船「Conquest MB1」とクレーン付き台船「RMG 302」を使用。舷側から揚重装置に繋がる吊具(チェーン)を巻き上げて沈んだ船体を水面付近まで引き揚げ、その後、半潜水式重量物運搬船「Boa Barge 29」を船体の下に差し込んで搭載。

 セウォル号引き揚げの方法に似てますね。引き揚げ時の荷重は6,000トン。無事に引き揚げが行われた後、テキサス州の解体場所に運ばれたそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
船舶
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました